京都限定再び!『プレスバターサンド〈宇治抹茶〉』がジェイアール名古屋タカシマヤ常設店にて12月1日(日)より期間限定販売

グルメ

名古屋駅ジェイアール名古屋高島屋に今年の9月常設店がオープンした人気の手土産スイーツ『プレスバターサンド』

この常設店で2019121日(日)~2020114日(火)までの間、ファンのリクエストにお応えして京都限定の『バターサンド〈宇治抹茶〉』が期間限定販売されます!

今度は一ヶ月以上の販売期間!

今年9月に栄の松坂屋で京都の物産展が開催。この会場内で6日間の限定でプレスバターサンドが出店、『バターサンド〈宇治抹茶〉』が販売された事をお伝えしましたが今度は1ヶ月以上の販売!さらには年末年始のちょっとした手土産に忘年会や新年会の景品にと何かと贈り物選びに悩む方には嬉しい限定品の選択肢です!

食べ比べの楽しみ方も手軽に!

『バターサンド〈宇治抹茶〉』はなめからな口当たりとコクが際立つバターに対し、苦味と香りの良い“宇治抹茶”を厳選。バタークリームと生地の両方に混ぜ合わせ、スッキリと、そして豊かな風味を演出しています。

それに対しレギュラータイプの『バターサンド』は北海道産フレッシュバターを使った“なめらかなバタークリーム”“トロリとしたバターキャラメル”の風味が楽しめる人気商品。バターのまろやかさとキャラメルのコクが特徴。

プレスバターサンドの魅力そのものはジェイアール名古屋タカシマヤ店の記事にて詳しく紹介させていただいておりますので予習・復習にどうぞ。

『プレスバターサンド』がJR名古屋タカシマヤに常設店オープン

『バターサンド〈宇治抹茶〉』のラインアップは2種類

『バターサンド〈宇治抹茶〉』のラインアップは5個入(1,150円)9個入(2,070円)2種類(価格は全て税込み)。

パッケージは特別仕様のネイビーのカラーリング。
抹茶の色はとても繊細で光にあたると色と風味が損なわれてしまいます。それを防ぐため遮光の機能性も兼ね備えています。

一方のレギュラータイプのグレーのパッケージに入ったバターサンドは5個入(1,000円)、9個入(1,710円)、15個入(2,850円)の3種類。(価格は全て税込み)

これが1つの店舗で一緒に買えるのは本日2019年12月1日(日)から約1ヶ月半だけ

常設店の場所はジェイアール名古屋タカシマヤの地下1階

店舗は名古屋駅 ジェイアール名古屋タカシマヤの地下1。細い通路に面した場所なので見落としやすいですが、以下のマップをご確認下さい。

今回のように期間限定でも名古屋では買えない地域限定のバターサンドが楽しめるのは嬉しいですね。

こうなると博多駅店限定の『バターサンド〈あまおう苺〉』や渋谷 東急フードショーエッジ店や東京駅店限定(東京駅店は2019年12月1日(日)〜販売開始)のココア風味『バターサンド<黑>』も食べ比べしてみたくなります。

MAP

場所 〒450-6001 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−4
ジェイアール名古屋タカシマヤ 地下1F 洋菓子売場
期間  10時00分~20時00分
※『バターサンド〈宇治抹茶〉』の販売期間は2019121日(日)~2020114日(火)
定休日 ジェイアール名古屋タカシマヤ定休日に準ずる
公式サイト プレスバターサンド
SNS Facebook
Instagram