一日中モーニング!『喫茶モーニング』名駅西に5月1日オープン

グルメ 開店

ホテルや飲食店など急速に再開発が進む名古屋駅西エリア。この名古屋駅西に一日中モーニングが楽しめる『喫茶モーニング』が令和元年初日となる2019年5月1日(水)にオープン
一日中モーニングが楽しめるといってもランチタイムやティータイムも楽しめるモーニングの領域を飛び越えた多彩なメニューと人が集まる魅力が沢山詰まったお店をご紹介いたします!

人気ホステルが名古屋駅西銀座通商店街の空き店舗を改装しオープン

喫茶モーニングは名古屋駅の人気ホステル『グローカルカフェ(glocal cafe)』がオープンさせたお店。

名古屋市が開催した商店街の活性化を目的としたワークショップ『商店街OPEN2018に参加し、多くの方々のアイデアと力を集め名古屋駅西エリアの名古屋駅西銀座通商店街内にあった木造の空き店舗を利用しています。

古い木造家屋をなるべくそのままの形で残しつつも喫茶店という形へ改装。1階の注文カウンターで注文をし料理を受け取った後、カウンター横の通路を入っていくと1人で利用しやすいカウンター席があり、階段を上がるとカウンター席からグループのテーブル席まで訪れる人数に柔軟に対応出来る席数と配置となっていました。店内の家具は愛知に本社を置く人気メーカー『カリモク』をセレクト。天井や柱などなるべくそのままの形で残しているのでカリモクとの相性はとても良く、写真に収めたくなる光景です。

お店の外観では想像出来ないかもしれませんが、当編集部でカウントしたところ座席の内訳は以下のとおり。充実した座席数でした。

1階 人席(カウンター)×5席
2人席(テーブル)×1組
2人席(ソファーのみ)×1組
2階  1人席(カウンター)×6席
2人席(テーブル)×4組
4人席(テーブル)×3組
5人席(テーブル)×1組

多くの座席には電源コンセントが設備、オープン日には間に合いませんでしたがWi-Fiの設備も進めているそうで旅行客の方には嬉しい配慮です。

一日中オーダー出来るモーニングのラインアップは空腹も小腹も満たしてくれるメニュー

東海エリアのモーニングと言えば朝の時間帯にドリンクを注文するとトーストやゆで卵など軽食が追加料金なしでついてくるのが定番。このスタイルのモーニングは全国に知れ渡り名古屋に旅行で訪れた人も朝にモーニングが食べられるお店を探すほどとなりました。

喫茶モーニングのポイントなのが先に紹介させていただいたとおりモーニングが一日中提供

モーニングの定番となるトーストは朝だったら食べられてもランチタイムでは空腹を満たせないという方やティータイムに訪れてもトーストのようなボリュームを食べる事が難しいが小腹は満たしたいという方などニーズが多様。


そこで喫茶モーニングではドリンク代金に追加料金100〜200円で空腹を満たしてくれるサンドイッチモーニングチキンカレーモーニングと、小腹を満たしてくれるケーキモーニングを提供してくれます。またトーストも追加料金100円で名古屋トーストの定番小倉トーストジャムトーストへの変更も可能です。

注文カウンター上の黒板にレギュラーメニューの記載はありますが、「もう少し食べたい!」なんて方に是非注目してもらいたいのはカウンター上にあるカスタムメニュー
たっぷり食べたい場合はトーストのモーニングにトーストをさらにもう一枚追加したりチキンカレーを追加、あとちょっと食べたいという場合はコーヒーゼリーを追加といった注文をするなどお好みのカスタムオーダーを作っていくのもオススメです。
またお得なキッズセットとして小学生以下のお客様は店内飲食メニューが全て50円引き、ロゴ型クッキーもついてきますので家族での利用も嬉しいですね。

コーヒーはブレンドコーヒー(500円)の他にデカフェやスペシャリティコーヒーなど10種類程の豆がラインアップ。今回は本日のスペシャリティコーヒーとして東ティモール レテフォホ(600円)と小倉トースト(+100円)をオーダーしました。

トーストやサラダなどの料理はトレイに載せられ別にコーヒーがサーバーに入って提供、カップに2杯強くらいの量が入っておりました。ちなみにブレンドコーヒー500円)を注文した場合はサーバーではなくカップに直接注がれ、おかわり1杯無料となります。

さらにはテイクアウト限定でソフトクリーム400円で販売、今人気のふんわりフォルムで甘すぎないソフトクリームです。脇にはお店のロゴマークになっているニワトリのクッキーがアクセントに。レトロなお店をバックに写真を撮りたくなりますね。このソフトクリームを使ったサンデーを店内提供メニューとして準備しているそうなので気になる方はお店のInstagramに注目です。

店頭の全自動コーヒー焙煎機で煎りたてのコーヒー豆が購入出来る!

コーヒーを味わう際に気にしたいのが焙煎してからの期間。あまりにも期間が長過ぎると香りが抜け始めますし、焙煎直後ではコーヒー豆の味わいを十分楽しめるほどの抽出が出来ない事もあるそうです。一般的には焙煎から3日後くらいから2週間がおいしくいただく目安

そこでこちらのお店ではスペシャリティコーヒーは生豆で店頭に並び、注文が入り次第店頭にある全自動コーヒー焙煎機で焙煎。煎りたてのコーヒー豆をお持ち帰り。飲み頃になるまでの間はワクワクしながら香りを楽しむ事も出来ます。
ちなみにご自身で焙煎をしたいというこだわりの方は生豆のまま購入も可能とのこと。

今回はエチオピア イルガチェフ G1 コチャレ(ウォッシュド)というエチオピアを代表する高品質コーヒーを中浅煎りで焙煎していただきました。最初に設定を操作し、あとは焙煎機が自動的に焙煎から冷却まで行ってくれます。

出来上がりまで10分くらいかかりますので店内で食事をされている間に焙煎をお願いしてもいいのですが、是非生豆から焙煎し出来上がっていく様子を見ていただきたいところ。待っている間は店頭でコーヒー豆を入れる袋を先にもらってスタンプを使いカスタムしていく事も出来ます。冷却して出来上がったコーヒー豆の封入はそのままでもお好みの細かさに挽いてからでも可能です。

こちらのお店は人気コーヒーショップやロースターの豆も購入出来るアンテナショップとしての役割も担っており当編集部でも紹介させていただいたMITTS COFFEE STANDさん喫茶ニューポピーさんQ.O.L. COFFEEさんR ART OF COFFEEさんOVER COFFEEさんの豆も店頭にて販売されております。数に限りがありますので在庫状況はお店の方に確認してみてくださいね。

人の集まるスペースとして商店街を活性化させたいからこその工夫

名古屋市商店街商業機能再生モデル事業としてスタートしているこのお店、名古屋駅から駅西銀座通商店街を通りながら商店街の魅力を再認識してもらうためお店に訪れた人がさらに人を呼ぶ仕組みも準備されております。

人が集まる流れをコーヒーで生み出す『広告付コーヒーの無料配布』

商店街へ人の流れを生み出す工夫として『広告付コーヒーの無料配布』を行っていくとの事。これは企業から広告料を提供してもらい、その企業のロゴや宣伝内容などを紙製のカップに印刷、そこにコーヒーを注ぎ商店街を通る人たちへ無料で配布というもの。広告料は10万円で紙カップ1,000杯分のコーヒー提供となります。配布時間は特に決まっておらず、スタッフさんの手が空いていたらどんどん配布していきたいとのこと。

店舗をギャラリーやイベントのスペースとして展開、人の流れを名駅西へ誘導

今後は店内を1週間の期間でプロ・アマ・学生問わず作品を展示するギャラリースペースとして貸出したり、閉店後の19時~22時の間にオープンイベントを開催する会場としても展開していくそうです。人が商店街に集まるスペースとしての役割を持ちながら経営出来る事が大切との事で展示は1週間1万円、イベントスペースは1日1万円と非常にお値打ち価格で貸出。ギャラリーレンタルはクラウドファンディングのリターンとして提供していたため既に16週分は埋まっているとのこと。レンタルの詳細・手続きについてはお店までお問い合わせください。

モーニングを通して人が集まるコミュニティスペースとなる喫茶モーニング、商店街活性化を企てている駅西銀座通商店街にこれからも注目です!

※メニューや価格等の情報は2019年5月時点のものであり、変更となる場合があります。

MAP

場所  〒453-0014 愛知県名古屋市中村区則武2丁目32−4
営業時間  8:00〜17:00(L.O. 16:30)
定休日  火曜日
開店日  2019年5月1日オープン
電話番号  052-451-2800
公式サイト 喫茶モーニング 公式ホームページ
Instagram
Twitter