コメダのコッペパン専門店に行列殺到!『やわらかシロコッペ』名駅にオープン。

開店

2017/09/28

給食の定番、懐かしくてふわっとした食感の『コッペパン』が各地でブームとなっています。

そんな中で、名古屋で最も愛される喫茶店と語っても過言ではないコメダ珈琲店が「名古屋の人の好みに合わせた」と開発したコッペパンの専門店『コメダ謹製 やわらかシロコッペ』初の常設店舗が2017年9月27日に名駅へオープンしました。

さっそく商品のラインナップとお味を調査してきたのでご覧くださいませ!

『鐵板堂 コメダ謹製やわらかシロコッペ』初の常設店が名駅にオープン!

コメダ珈琲店のコッペパン専門店『やわらかシロコッペ』がオープンしたのは名鉄百貨店本店、地下一階のスイーツステーション内。

今春、期間限定で販売していた『やわらかシロコッペ』は販売終了後も「また食べたい!コメダでも販売してほしい!」という声が非常に多かったのです。

今回は待望された初の常設店。オープン日には老若男女を問わず多くの方々が押し寄せ、混雑時は1時間の待ちになりました。

 

ショーケース内には和コッペ・洋コッペ・おかずコッペ、3ジャンルのコッペパンが陳列されています。

その数なんと19種類。どれにしようか迷ってしまいますねー!

 

売切れ中のものは店員さんが次々に用意してくれます。

コッペパンの端から端まで具材が詰まっているのが嬉しいです。

 

各ジャンルで人気が高いものを購入してきました!ついつい沢山買ってしまいそうになりますが、賞味期限は全て当日迄となっているのでご注意ください。

コメダでお馴染み、おじさんのロゴがコッペパン仕様になっているのが可愛らしいですね。

 

上質な【小麦粉】、ゆっくり生地を寝かせた【低温発酵】、そして生地の白さとほわっほわ食感を生む【焼き方】。コメダが作り上げた自家製のコッペパンには3つのこだわりが詰まっているのです。

 

ふわっとした甘さと懐しさでどんな食材も包む込む、固めのパンでは決して表現できない優しさを感じます。

ちなみにコッペパンの具材なしは150円で購入することが可能です。オリジナルやわらかシロコッペを作るのも楽しそうですね。

名古屋の定番をふんわり食感で味わう!~和コッペ~

●小倉ホイップ(¥280)

名古屋らしさを感じるメニューといえばやはり小倉あんではないでしょうか!

和の甘さとホイップのクリーミーさをふわっふわ食感で味わうことができます。

 

●小倉抹茶クリーム(¥280)

抹茶クリームと小倉あんを挟み、甘さを感じながらも大人な味わいになっています。

西尾産抹茶をたっぷり使用するこだわりも嬉しいです。

他には…

小倉マーガリン(¥250)
小倉あん[粒あん](¥220)
小倉抹茶ホイップ(¥340)

【季節限定】
熊本県産和栗クリーム(¥280)
熊本県産和栗クリームホイップ(¥340)

が用意されています。

甘いクリームが詰まったスイーツ~洋コッペ~

●クッキー&バニラクリーム(¥250)

クッキーとバニラクリームがサンドされた女子人気が高い商品。

「ふわっ・サクッ」2つの食感とバニラが心地良いコラボレーション。食感は変わってしまいますが、冷蔵庫で冷やしてから食べるのもオススメです。

他には…

リッチカスタード(¥220)
リッチカスタードホイップ(¥280)
粒入りピーナッツ(¥250)

が用意されています。

オフィスランチの新定番!~おかずコッペ~

●ツナたまご(¥360)

コッペパンと玉子の優しい甘さと柔らかさが折り重なっています。

お子様から大人までどの世代からも愛されそうです。

 

●ポークポテサラ(¥390)

ポークランチョンミートとポテトサラダを豪快に挟んだ、午後からも頑張れそうなボリューミーな一品。

ゴロゴロとした食感を残したポテトが嬉しく、食べごたえ抜群で男子も満足できそうです。

他には…

たまご(¥290)
ポークたまご(¥390)
ツナ(¥290)
ツナポテサラ(¥360)
ポテトサラダ(¥290)

が用意されています。おかずコッペにはからしマヨネーズを使用していますが、苦手な方はからしを抜くことも可能です。

 

名古屋で愛され続けるコメダ珈琲店の新業態『やわらかシロコッペ』

どのコッペパンも美味しくて優しさ・懐かしさを感じるものばかりです。しばらくは行列が続きそうですが、ぜひ一度お試しください!

MAP

場所 名古屋市中村区名駅一丁目2番1号

名鉄百貨店本店本館地下一階

スイーツステーション内

期間 【営業時間】

10:00~20:00

※不定休(名鉄百貨店本店の営業に準じます)

料金 ¥220~¥390

※税込価格

公式サイト コメダ珈琲店

名鉄百貨店本店