長野の実りを名古屋へ!『長野ワインフェス』11月25日(日)開催

グルメ イベント

2018/11/19

2018/11/24 前売券が完売となっておりましたが、当日券を100枚販売予定となりました。詳しくは記事最後にて。

近年日本ワインが注目を浴びる中で愛知県の隣県となる長野県のワイン“長野ワイン”もワインファンの間で注目を浴びています。


そこにいち早く目をつけ、長野ワインの魅力を堪能する事が出来るイベント『長野ワインフェス』11月25日(日) 円頓寺商店街にて今回4回目の開催。長野ワインブームの影響も後押しし人気急上昇中のこのイベントの味わいどころを聞きに単独取材してきました!どこにも出ていない情報も含め読者の皆さんにたっぷりお伝えいたします!

いざ、ワインフェス名古屋実行委員会へ

長野ワインというワードは最近耳にするも、特徴や魅力まではあまり知られていないのでは…。
そこで今回イベント準備で慌ただしい中、長野ワインフェスを主催するワインフェス名古屋実行委員会へ単独取材をお願いし、行ってまいりました!

お伺いしたのは名古屋駅から円頓寺方向へ歩く途中にあるワインショップ・スタンドフォーさん。こちらのお店の中に実行委員会の事務局がありました。ちなみにこちらのスタンドフォーさん、名古屋駅周辺という立地で希少なワインが購入する事が出来るという事で飲食店はもちろんワインファン御用達のお店。

久屋大通やグローバルゲートにあるKitsch et Bio(キッチュ・エ・ビオ)内でワインを販売していたり、グローバルゲート内で定期的にカジュアルにワインを楽しめるイベントを行っているのでワイン初心者の方も注目のお店ですよ。詳しくはお店のホームページにて。

長野ワインの魅力を生産者自らお届け

長野ワインの魅力はぶどうを育てる上で恵まれた環境と、高い品質基準にクリアした選ばれたぶどうでワインになっている事。広い面積の長野県は地形の違いから少しずつ気候が異なり地域の特徴が出る美味しいワインが生産されているそうです。

その特徴様々なワインを隣県最大の都市名古屋になんと長野県21箇所のワイナリーから生産者の皆さんが直接お届け。生産者と来場者が顔を合わせ対面販売し直接飲んでもらうからこそこだわりぬいた品質の長野ワインの中からさらに生産者の目で厳選されたものを会場となる円頓寺商店街にワインボトル約1,000本分用意。これがたった半日で空けられてしまうのですから人気の高さに驚きを隠せません。

早起きは三文の徳!数量限定 地ビールをプレゼント!

このイベントのために用意される75種類(取材時予定数)の銘柄の中にはワインの他にもシードル(りんごから作ったスパークリングワイン)が8〜9種類、さらに地ビールも用意されるそうです。

また、早く会場に来てくれた方だけしか味わえない希少な銘柄の地ビール100杯数量限定プレゼントという企画も用意。ワインも好きだけどビールも大好き!という方はこちらの地ビールにも注目です!銘柄は取材時も厳選している真っ最中という事で当日会場でチェックしましょう!

ワインと合う!?意外なフードの組み合わせにも出会える!

会場内ではワインと一緒に味わってほしい様々なフードが用意されています。
長野県名物の料理はもちろん一緒に販売されますが、円頓寺商店街にはイタリアン料理やスペイン料理などを味わえる人気飲食店もあり食べるものにも困らないのがウリ!

チーズやハムといったワインのおつまみとして定番のメニューはもちろん希少なジビエ料理(野生鳥獣の食肉を使った料理)も味わえるとの事。和食、焼き鳥といった料理にもワインを合わせておいしく食べる事が出来ますが「えっ?そんな食べ合わせが!?」と意外に思ってしまう組み合わせもありましたので是非食べてほしい2つの組み合わせを紹介します。

1. 麺類とワイン!? 『信州産新そば』×『辛口白ワイン』のスッキリコンビ

そばに合うアルコールと言えば焼酎や日本酒といったお酒。しかし意外と合うのがワイン。その中でも辛口の白ワインの組み合わせがオススメ。また今が特に美味しい新そばとの組み合わせは格別!是非この意外な組み合わせに挑戦してみましょう!路麺えんそばでは信州産地粉100%を使った新そばが数量限定(現金払いのみ)で味わう事が出来ます。

2. 同郷の食べ合わせは鉄板!塩尻名物『山賊焼き』×『塩尻ワイン』

にんにくの香りが効いたタレに漬け込んだ鶏もも肉を片栗粉でまぶして油で揚げた表面がサクッとした食感の長野県塩尻市の郷土料理『山賊焼き』。この料理に合わせるなら同郷コンビがオススメ!と紹介していただいたのが塩尻のワイン。白ワインもいいですが、軽めの赤ワインが意外と合いますよと教えてくださいました。肉は赤ワイン、魚は白ワインという合わせ方をよく聞きますが、赤身肉に赤ワイン、白身肉に白ワインという合わせ方も良いそうです。勉強になりました。

長野から届けられる旬がいっぱい!

長野と言えば野菜や果物の食材も豊かな地域。その野菜や果物もワインと一緒に名古屋にやってきます!
どんな食材が届けられるかは当日までのお楽しみ。さらに好評だった子供大喜びのキノコのつかみ取りを今年も開催。

他にも長野県の名産品を使った食品の販売などもあり、お買い物もついつい楽しくなってしまいます。

名古屋から長野へ!宿泊券が当たる抽選会も開催!

前売券購入者限定で抽選会が開催!長野県にまつわる賞品を中心に数多く用意。前売券を買ってくださった方へのお礼の意味も込めてなんと前売券販売数の約1割くらいの方に何かが当たる数量の賞品を用意しているそうです。

そしてこのイベント、名古屋から長野をつなぐという思いも込め特賞は長野で使えるお得な宿泊券が用意されているそうですよ!

会場内の円頓寺駐車場にあるお持ち帰り用のワインボトル販売所が本部。この本部にて当選の発表と賞品の引き換えをイベント開始時から行われています。(但し特賞は13時30分頃にステージにて発表)お帰りまでにチケット右下に書かれた番号でチェックをお忘れなく!

完売目前!チケットは前売券で必ず手に入れよう!

こうなると気になるのが抽選券がついている前売券(3,500円)。

このイベントでは前売券を購入し、その前売券を会場2箇所の入口または本部にて飲食チケット(3,000円分、物産ブースでも使用可能)とグラス(最後にお持ち帰り可能)に引き換えという形になります。
会場の混雑状況も考慮してグラスは約1500枚分を用意しているそうですが、人気急上昇中のイベントのため完売目前当日券の販売は出来ない可能性大となってきています。気になった方は迷っている暇はありません!チケットをゲットしましょう!

チケットの販売は以下の店舗とチケットぴあ(Pコード 639-659)でもお買い求め出来ます。

【チケット販売店舗】
カモシヤ、クワトロワインバー、長野県名古屋事務所、波へい、Nomurie、Vintage、ボンクラ、凡才、Magokura、Materia、リカーショップオオタケ、ワインショップ・スタンドフォー、株式会社ジーワークス

[追記] 当日券販売決定!販売予定数は100枚

既に完売となっていた前売券ですが、当日券の販売を100枚行う事となりました。
販売場所は10時より 本部横のワイン販売所にて行います。

当日券は3,000円分の飲食チケットとグラス代が含まれ4,000円となります。抽選券はついておりませんので予めご了承下さい。

[追記] 当日緊急レポート!会場はワインを楽しむ老若男女でいっぱい

晴天の中、始まった長野ワインフェス。
前売券完売から急遽用意された前売券もイベント開始後に即完売。ワイングラスを片手に円頓寺商店街を歩く人々が会場の賑わいを演出します。

グラスワインは1杯300円〜1,200円と気軽に味わえるものからプレミアムワインまで様々なワインが用意され行列が出来るお店も出来ておりました。

ワインと一緒に味わえるフードも販売を開始、ワインとの意外な組み合わせも味わうことが出来ます。

物販も長野の名産品を数多く販売。りんごや柿といったフルーツの他に地ビールや食品加工品の販売も充実。きのこのつかみ取りも盛り上がっておりました。当日券は売り切れてしまいましたがボトル・飲食・物産ブースは現金でのお支払いも一部ブースでは可能ですので各ブースにてご確認下さい。

イベントはワインの知識を広げる座談会、ホテル宿泊券が当たるじゃんけん大会などイベント終了となる17時まで会場中央にあるイベントステージにて開催しております。

MAP

場所 〒451-0042
愛知県名古屋市西区那古野1丁目6 那古野
開催日 2018年11月25日(日)
10:00~17:00(一部店舗は12:00〜、ラストオーダーは16:30)
料金 前売 3,500円(抽選券付)
当日 4,000円(完売で販売されない可能性大)
当日使える3,000円分の飲食チケットとグラス代が含まれます
公式サイト 公式サイト