煮干しラーメンの名店『長尾中華そば』が名古屋駅・驛麺通りに期間限定オープン!

グルメ 開店

JR名古屋駅構内「名古屋驛麺通り」に、新たなラーメン店『長尾中華そば』が、2019年11月7日(木)から期間限定出店します。

青森発・絶品と名高い煮干しラーメンの名店がいよいよ名古屋駅に登場!おすすめのメニューを中心にご紹介します。

「長尾中華そば」とは?

2004年に青森県で創業したラーメン店。

最大の特徴は「煮干し」へのこだわり。津軽地方で昔から食べられていたあっさり系の煮干しラーメンを進化させ、白湯と厳選した煮干しをブレンドした「新・津軽ラーメン」を提供。一躍人気店となります。

その存在はさまざまな店舗に影響を与え、のちに東京で『ラーメン凪』などが広めていく「煮干し系ラーメン」というジャンルを確立させたパイオニア的な店であるとされています。

名古屋店での提供メニュー

提供されるラーメンメニューは、青森で昔から親しまれる味である『あっさり』と、長尾中華そばの本領「新・津軽ラーメン」とも称される『こく煮干し』の2種をメインに、こく煮干しの塩味版や、あっさりとこく煮干しのWスープの「あっこく麺」も提供。

その他に丼ものメニューや、チャーシュー・玉子・海苔といったトッピング類が提供されています。

【ラーメン】
・こく煮干し・・・880円
・こく煮干し塩味・・・880円
・あっさり・・・750円
・あっこく麺・・・820円
【サイドメニュー】
・上北丼・・・350円
・ねぶた漬け丼・・・300円
【トッピング】
・花びらチャーシュー・・・300円
・バラチャーシュー・・・300円
・半熟玉子・・・100円
・メンマ・・・100円
・海苔(5枚)・・・100円
・ねぎだく・・・50円
※その他ドリンクもあり

おすすめのラーメン3選

こく煮干し

どれをオーダーするか迷ったらコレ!『こく煮干し』(880円)はこのお店を代表するラーメン。

写真は「花びらチャーシュー」(300円)をトッピングし、器に大輪の花を咲かせてみました!

すべてのラーメンは麺の種類を中太の『手打ち麺』もしくは細麺の『縮れ麺』から選べますが、おすすめは『手打ち麺』。

国産小麦使用の麺は、かんすいを使っていないためうどんのようなつるもっちりとした歯ざわり。

スープは煮干しの味がかなりしっかり感じられ、チャーシューも薄めながらしっかりとした噛みごたえがあります。

こく煮干し塩味

本店では裏メニューとして提供されているという『こく煮干し塩味』(880円)は、こく煮干しの塩ダレバージョン。

煮干しの味は感じられるものの、塩ダレが煮干し辛さを丸くマイルドに収めている印象。
通常のこく煮干しを食べたあとのリピート来店の際などにおすすめしたい。

あっさり

津軽地方で親しまれたあっさり系ラーメン『あっさり』(750円)はもう一つの名物。

透き通ったスープは口に含むと少しだけ煮干しの味わいがあるものの、しょうゆが香り高く、非常に上品な味わい。
煮干しラーメンはちょっと苦手…という人にもおすすめしたい一杯です。

サイドメニューにも注目

ラーメンと一緒にオーダーしたいおすすめサイドメニューは『上北丼』(350円)。

「源たれ」と呼ばれる青森特産のたれで炒められた豚バラ肉は味も香りもしっかり。

こちらも青森特産「ねぶた漬け」をトッピングした『ねぶた漬け丼』(300円)
コリコリとした食感を楽しんだあとは、シメとしてラーメンのスープをかけて楽しむのもいいかも。

****

出店期間はおよそ1年間を予定。
ランチや飲み会のあとのシメとしての利用のほか、新幹線に乗る前の腹ごしらえとしても利用できそうですよ。

MAP

場所 名古屋市中村区名駅1-1-4 JR名古屋駅 名古屋うまいもん通り
オープン日 2018年11月7日(木)
※期間限定店舗
営業時間 11:00〜22:00(L.O.21:30)
定休日 無休
公式サイト 長尾中華そば|名古屋驛麺通り