体にじんわり染みる“癒し系ラーメン” 『らーめん許々屋(ここや)』

グルメ 開店

2019/05/20

2019310日に中川区にオープンしたラーメン店『らーめん許々屋(ここや)』をご紹介いたします。

こちらの看板商品は和風薬膳ラーメンと呼ばれる自然の恵みを受けた食材をたっぷりと使い体質改善が出来る“癒し系ラーメン”を味わえるお店です。それではお店の魅力とメニューのご紹介をいたします。

ラーメン通が注目するお店が中川区にオープン

オープン前から行列が出来る中村区の人気ラーメン店『拉ノ刻』で修行した経歴を持つ店主が中川区千音寺にラーメン店をオープン。2月の周辺住民の方に向けたプレオープンから既にラーメン通が注目、2019年3月10日のグランドオープンから約2ヶ月。ついに当編集部も読者の皆様にご紹介させていただく事が出来ます。

どこか懐かしさを感じるレトロな看板やカジュアルで清潔さを感じる店内は女性も入りやすいデザイン

座席は全部で13席。カウンター席が7席、4人がけテーブルと2人がけテーブルが1台ずつ並びます。

そして駐車場は全部で6台。お店の正面に2台、裏の路地を入ってすぐの場所に4台と車でのアクセスが便利なお店なので万全の体制。

特徴は何と言っても体にやさしい“和風薬膳ラーメン”

『らーめん許々屋(ここや)』の名前の由来にもなっている心の許(もと)に根づいたラーメン店になりたいという思いから体だけでなく心にもやさしい“和風薬膳ラーメン”が看板商品。和風薬膳というと「漢方でも入っているのか?」と思ってしまいますが、東洋医学の考え方(医食同源)をもとに崩れた体のバランスを早く整える日本人の味覚や体質に合わせアレンジした食事のことを言います。

和風薬膳ラーメンに使用するスープの核となるのは大量の玉ネギ。玉ネギは血液をサラサラにし肝機能を高める働きがあります。
他にも体内で合成出来ない必須アミノ酸を全て含むかつお節の他にもニンニク、鶏ガラ、豚骨、干魚、昆布など自然の恵みをバランス良く組み合わせ長い時間かけ火加減を何度も調整しながら食材の栄養をたっぷり抽出しているそうです。

券売機で食券を購入し早速実食!

和風薬膳ラーメン醤油からいただきます!

和風薬膳ラーメンの味は醤油と味噌の2種類あり、まずは醤油から紹介。こちらの写真はランチタイムにちょっとお得になる和風薬膳ラーメン醤油 メンマ盛800夜は850円)

それでは気になるスープをゆっくりと一口。
あっさりとした醤油の味わいで、ゆっくりと喉を通すとじんわりと体の中から染み入るスープを感じる事が出来ます。麺は修行先の拉ノ刻で製麺された麺を使用し、チャーシューは三河もち豚のジューシーな味わい。そしてボリュームたっぷりの太めのメンマは柔らかく食べ続けても飽きない味付け。

和風薬膳ラーメン醤油のお楽しみはここで終わりません。テーブルの上にある自家製の高麗人参酢ラー油を使用し段階的に味変を楽しむ事が出来ます。高麗人参酢はスープがさっぱりと変化し活力向上、ラー油を次に加える事で酸っぱ辛さに変化し胃腸機能の向上へと繋がります。

こうして栄養がたっぷりと抽出されたスープを段階的に楽しむ事が出来るので最後の一滴まで飲み干せます。

和風薬膳ラーメン味噌は新トッピングとのコラボで実食!

次にいただいたのは同じスープを使った和風薬膳ラーメン味噌 普通盛700円)。

糀を多く用いた「志まやの御膳みそ」や血液サラサラ・活性酸素を除去・便通改善・喉の通りを良くするといった効果を持つ黒大豆味噌など3種類の味噌をブレンドしたかえし(タレ)を使用したラーメン。スープは味噌の甘さとコク深い味わいを感じ、醤油とはまた違った味わい。

ここに5月から新登場したトッピング ピリ辛ネギチャーシュー250円)を加えてみました。

 トッピングした『ピリ辛ネギチャーシュー』は相性抜群!
味噌に唐辛子、味噌にネギ、合わない訳がありません!

勢いよく食べきってしまいそうですが、ここで当編集部オススメの食べ方をご紹介します!
ライス(ランチタイム時は無料、夜は150円)にピリ辛ネギチャーシューを乗せ、味噌スープを少しかけて食べるとこれが美味しい!!!味噌×唐辛子×ネギ×ご飯のカルテット。辛いのが得意な方は是非お試しください!

器に開くピンク色の大輪の花『濃厚たまり中華そば』も実食!

許々屋(ここや)さんの看板メニュー『和風薬膳ラーメン』の他に写真映えの凄さと食べ終わった時の満足感で満たされる数量限定の人気メニューがあります。それが濃厚たまり中華そば レアチャーシュー麺1,000円)。

たまり醤油の中でも高級品レベルの『底引きたまり』を使用したかえし(タレ)と豚骨を煮立たせずやさしく丁寧に時間をかけて炊いた豚清湯(ぶたちんたん)スープの合わせ技は重すぎず辛すぎない味わい。またスープの仕込みの段階で一緒に炊いた背脂をお好みにあわせて量の注文(なし、少なめ、普通、多め)が出来ます。背脂たっぷりが大好きな方はトッピングで『鬼あぶら』100円)もありますので一緒に券売機で購入しましょう。

そしてこの『濃厚たまり中華そば』の話題の的になっているのが器に開くピンク色の大輪の花 レアチャーシュー。『濃厚たまり中華そば』をレアチャーシュー麺で注文すると器の周りを取り囲むように地元愛知の人気ブランド豚 知多ハッピーポークを低温調理器で調理したレアチャーシューが並べられます。そのまま食べたり、スープに少しの間入れて少し加熱したりと様々。枚数がたっぷりあるから出来る楽しみ方です。

トッピングとの組み合わせやサイドメニューなどメニュー豊富。小サイズメニューもあり嬉しい気遣い

どのラーメンも具材へのこだわりが随所に見られるので全種類制覇はもちろん、トッピングとの組み合わせもいろいろと試してみたくなるお店です。またご飯メニューも人気のチャーシューを使用した炙りチャーシュー丼まかないチャーシューごはんなどもありたっぷり食べたい方にも嬉しいラインアップ。

左が小ラーメン、右は和風薬膳ラーメン醤油 普通盛

また紹介した3種類のラーメンは全て小ラーメン450円)という麺の量が半分になったメニューも用意。小さな子どもやお年寄りも完食していくそうなので少食な方は是非こちらを注文してみてくださいね。

お店の場所は主要道から脇道に入った知る人ぞ知る場所

お店の場所は東名阪自動車道 名古屋西インター近くの脇道、出光のガソリンスタンドやコメダ、ダイソーの手前にあります。名古屋西インターから一般道に降りるスロープからは1つ目の信号を直進した後に2つ目か3つ目の信号からUターンをし、さらに左前にダイハツのディーラーを目にする新家横枕交差点をUターン。ローソン過ぎた所の脇道に入ってお店を目指す形になりますのでお気をつけください。

営業時間は1030分からと朝ラー好きな方にも嬉しい時間14時までランチタイムは営業し、ディナータイムは1730分~22時までとこの地域では珍しく遅い時間まで営業してくれています。定休日は毎週火曜日毎月22日。明日と明後日は連休となりますのですぐに行けなかった方は木曜日以降を狙ってみましょう。

MAP

場所  〒454-0971
愛知県名古屋市中川区富田町大字千音寺間渡里2826−1
営業時間  10:30〜14:00、17:30〜22:00
定休日  毎週火曜日・毎月22日
オープン  2019年3月10日
公式サイト Instagram
Facebook
Twitter