人気雑貨ブランド『SWIMMER』がブランド終了により閉店。愛知県下の直営店はどうなる?

閉店

2017/06/09

10代〜20代の女性に人気の雑貨ブランドで今年30周年を迎える「SWIMMER(スイマー)」が姉妹ブランドの「チョコホリック(chocoholic)」と共に2018年1月末をもってブランド終了を発表。それに伴い順次店舗閉店も発表しました。

公式Twitterより発表のあった6月8日の17時以降、終了を残念に思う声が多く集まりTwitterのトレンドワード入りする状態となりました。そして夜になると長きに渡りSWIMMERブランドを支えてきたデザイナーさんや店舗関係者の方々が各々のTwitterアカウントからSWIMMERファンの皆さんへの感謝の言葉を発信。

愛知県にはSWIMMERの直営店が3店舗あります。ブランド終了に向けお店はいつまで営業するのかをまとめました。

愛知県にある『SWIMMER』3店舗を紹介

東海エリアでは愛知県に『SWIMMER』の直営店が3店舗ございます。

<名古屋サカエチカ店>

愛知県名古屋市中区栄3丁目4番6号先 サカエチカ街
営業時間 / 10:00~20:00 / 不定休

<mozo ワンダーシティー店>

愛知県名古屋市西区二方町40番 mozoワンダーシティ3F
営業時間 / 10:00~22:00 / 不定休

 

<イオンモール岡崎店>

愛知県岡崎市戸崎町字外山38-5 イオンモール岡崎 ウエストアベニュー3F
営業時間 / 10:00~22:00 / 不定休

閉店日が発表になっているのはうち2店舗

この3店舗の中で既に閉店日が発表になっているのは2店舗。
既にこちらの2店舗では感謝フェアと称してセールを開催しています。

<2017年8月31日閉店予定>
イオンモール岡崎店

<2017年9月3日閉店予定>
名古屋サカエチカ店

インパクトのあるウサギのポーチ。奥のイチゴやさくらんぼといった果物やハートといったモチーフが入った雑貨はSWIMMERの人気商品。

 

30周年ありがとうの数多くのキャラクター達の中央に居たのはりんごの頭をした人気キャラクター『りんご王子』。他のキャラクターとは風貌も色遣いも一味違う個性があります。

人気キャラクターのグッズは特に根強いファンも居る事から完売が早いかもしれません。

<追加>最後の直営店となったmozo店も閉店

直営店最後となっていたmozo ワンダーシティ店も2018年1月31日をもって閉店となりました。
最終日は多くのSWIMMERファンが集まり閉店の瞬間を見守っていたようです。

MAP

場所・営業時間 愛知県下の直営店3店舗を記事内に掲載
公式サイト・SNS 公式サイト
公式Twitter
名古屋サカエチカ店 Twitter
mozo ワンダーシティ店 Twitter
イオンモール岡崎店 Twitter