気軽に利用出来るお店だが隠しメニューのために予約したくなるカフェダイニング『2019』

開店

2017/06/07

名古屋駅、大名古屋ビルヂングの裏に今年の春オープンしたカフェダイニング『2019』をご紹介いたします。

種類豊富なメニューで気軽に注文しやすい価格帯のフードを多く揃えているため週末だけでなく平日の夜にもお友達と集まってお食事をしながらお喋りなんて時にもオススメのお店です。

そんな気軽に利用が出来るお店ですが、実はメニューにも載っていない予約しないと食べる事が出来ない『隠しメニュー』があるので予約して行って来ました。

場所は大名古屋ビルヂングのすぐ北

お店の場所は大名古屋ビルヂングの裏に回ったエリア。名古屋駅桜通口から徒歩3分。モンブランホテルの東隣にあります。大きなガラス張りの建物で入口には『2019 CAFE DINING』の看板がありとても目立つ店舗です。

店内に入ると店員さんから席番号が書かれたホルダーを渡されます。店内中央にドリンクカウンターとキッチンカウンターがあり、そこにこのホルダーを持っていって注文するというセルフオーダーシステムを採用していました。

 

メニューを開いてビックリ!お、お得!?

セルフオーダーシステムに一瞬たじろぎましたが座席についてメニューを広げてビックリ!全体的にお得な価格帯!(お値段は記事最下部のお店のサイトで是非確認してくださいね)そしてメニューの種類も豊富なので好みや今日の気分に合わせて色々と頼んでみる事にしました。

メニューの種類が豊富でセルフオーダーシステムを採用しているからこそ「注文行ってくる!」『何頼んだの?』「お楽しみ〜」といった次に何が来るかを予想したりも出来る楽しさが生まれるのも特徴ですし、これだけお得な価格帯で料理が楽しめるのであれば今まで食べた事が無かったから一度試しに食べてみようといった話題の料理にも挑戦しやすいですよね。


ちなみにこれだけお得な価格帯で料理が出せるのは、名古屋市内に幾つものコストパフォーマンスの高い人気店を擁するIDX(イデックス)グループだからこそ。期待を裏切りませんね!

気になるお料理の方は?

今回は仕事終わりのお腹の空いた人達で集まったのもありどんどん注文。前菜から始まり、流行りのチョップドサラダ、定番のフライやグラタンなどなど。あっという間にテーブルがいっぱいになりました。
気になる料理のお味の方はとても食べやすく濃すぎたり重すぎたりしない味付けなのでお酒を飲みすぎずに無理なくお料理を楽しむ事が出来ます。

テーブルのお皿が片付いてきた頃にメニューの中で一際目立っていたバルバッコアというスペイン風の串グリル料理を注文。この後のお楽しみもあったので注文は控えめに牛肉ではなく鶏肉のバルバッコア。

大きな串に刺さった鶏肉の上に半分にカットされたレモン。見た目のインパクトが他のお客さんからの注目を集めます。テーブルにセットされたら店員さんの手で串の上からオイルが軽く注がれてすかさず着火!一気に炎を上げて燃え上がる串焼きはシャッターチャンス!「おぉ〜!」と思わず唸ってしまいます。

炎も収まってきたところで串からお肉を外し食べてみると表面が一気に炎に包まれ焼かれているので外はカリッと、中身はジューシー!定番のフレーズですが、これは素直にまた食べたくなるおいしさ。

待ってました!予約限定メニュー!!!

バルバッコアを食べ終わった頃にこの後のお楽しみが遠くから店員さんの手によってやってきました。そう!遠くからでもやってきた事がわかるんです。
周りのお客さんも凄いものを見る目で店員さんの手元を見ています。そして驚く人も居れば苦笑いする人も…。

そして私達のテーブルに堂々と立ちはだかるのは予約をしないと食べる事が出来ない隠しメニュー。

巨大パフェェェェ!!!!!!980円!!!!!!

別角度からもお届けします。


(注)隣はビールジョッキです。遠近法は一切使用しておりません。

事前にお店に電話したところかなり大きいとは聞いておりましたが予想サイズを超えました。1人や2人では絶対に制覇出来ないサイズと思ったので4人で来て正解でした。まずは一緒に来ていた4人で各々自由の女神や優勝カップのように記念撮影。撮影もひとしきり終わったところで「さて、いくか…」の言葉の後にロングスプーン(お店の方に後から聞いたら普通のスプーンでは食べられないのでカクテルを混ぜたりするマドラースプーンを使用との事でした)を片手に「いざ!総力戦開始!」

最初の頃は「おっ!うまい!」「ここ食べてみて!」とワイワイと楽しみながら食べだすのですが、これだけの大きさでありながら横から見てもスポンジやプチシュークリームが多少あるもののほとんど空気のスペースが無い事に気付いてくると4人黙々と食べます。でも甘すぎたりしないので途中で休憩をしたくなる事もなく、ノンストップ!最後の難関かと思っていたゼリーもさくら味であっさり!

結果、軽々と食べきって完全制覇!

 

実はこの後に塩っ気が欲しくなり“追い”牛ヒレ肉のバルバッコア。食いしん坊じゃないんです!そのくらいパフェが胃にもたれず食べる事が出来た証拠です!

気になっていた料理も注文出来て、おまけにしっかり完食。

ところで…2019の意味は?

さて、料理もしっかり楽しんだところでふと目に止まった2019の店名。「2019年?近い未来に何かあるんだろうか…」と思っていましたがその時はわからず。

後日この地域に詳しい方にお話を伺ったところ、このお店の場所がリニア中央新幹線の名古屋駅に重なり用地買収地域に一部がかかるという事が判明!

という事は2019年までの限定営業?移転計画はあるの?などいろいろと憶測は飛びますがそれはまた別の機会に。
非常にコストパフォーマンスの高い料理を提供してくれるお店ですから気になった方は是非予約をして巨大パフェに挑戦してみてくださいね!

ちなみにこのお店は最初に紹介した通りガラス張りの建物の1階なのですが2階は別の店舗。
巨大な“T-bone”の文字が目立つBistro Stake T-boneという店舗がありました。ここもIDXグループ。
期待を胸に近々訪れようと思います。

MAP

場所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目13−18
電話番号 052-756-3666
営業時間 17:00-25:00
定休日 年中無休
公式サイト http://www.idx-net.com/2019/