知る人ぞ知る隠れ家的カフェ 緑区「鬱花」でおしゃれなティータイムを。

その他

2016/07/26

名古屋市緑区・鳴海の住宅街の中にひっそりとたたずむウッディなカフェ。
こんなところに喫茶店があるんだ!」とびっくりするようなところに突如出現するお店が「鬱花(うっか)」です。

10時〜18時の営業で、落ち着いた空間でのランチやティータイムにうってつけ。数量限定の「御膳」などのメニューが人気です。
緑に囲まれた庭は美しく、テラス席はワンちゃん連れの方もOKというのがうれしいですね。

ウッディー&レトロな雰囲気ある店内

店内はカウンター席とテーブル席が数席の小さなお店ですが、木のぬくもりで優しい雰囲気。
棚には味のあるコーヒーカップや器がさまざまに並べられ、インテリアにも各所にこだわりが感じられます。

どことなく大正ロマンを感じさせるようなレトロなインテリアや小物使いも魅力。
オーダーしたメニューを待っている間にも、内装や細かな置物などに目を遣っているだけでさまざまな気付きがあり、楽しい時間を過ごすことが出来るのです。

 

森林浴をしているかのようなテラス席

そしてさらに魅力的なのがテラス席
たくさんの緑に囲まれて、まさに緑のカーテンといった雰囲気。暑い夏でもここでなら涼めそう。お散歩中にティーブレイクするにもぴったりの場所ですね。

混み合うことが多いためなかなか座れないことも多いですが、ランチタイムなど人の多い時間帯を避けて行くと座れる可能性が高いかもしれません。

 

スイーツメニューも充実

スイーツメニューも充実しています。
上の写真は「お抹茶セット」。本格的な抹茶とお茶菓子がいただける風情ある一品。

こちらは『シフォンケーキ』。
ふわっふわの食感となめらかなホイップクリームとのハーモニーがたまりません。
この他にも、「チーズケーキ」や「バナナのタルト」も絶品ですよ。

 

夏限定のフルーツかき氷

また鬱花では夏限定でかき氷が提供されています。
お盆の上に氷とシロップ、フルーツのピューレが別々についてきて、自分でかけながら食べるという変わったスタイルです。

フルーツの甘みや酸味がぐっと凝縮されたピューレソースがまさに絶品。
フルーツはもも、ぶどう、パイナップル、レモンの4種類です。

 

緑に包まれてほっこりしませんか?

他にもランチタイムに楽しめる「御膳」と呼ばれるランチメニューも人気。
それぞれの季節の素材を大事にして丁寧に作られるお料理はどれも絶品で、盛りつけも美しいものばかり。

隠れ家のような秘密めいたムードも魅力的な「鬱花」。思わず時をたつのも忘れて何時間でも過ごせてしまいそう。

交通アクセスは名鉄「鳴海」駅もしくは「左京山」駅のどちらからも徒歩15分ほど。バスは「緑市民病院」停(名古屋市営バス・新瑞12系統、幹鳴子1系統など)が最寄りです。
店舗前に無料駐車場が完備されていますので、お車で行かれるのが一番便利かもしれません。

ちなみに閉店時間は午後6時と早めなので、注意してくださいね。

MAP

場所 愛知県名古屋市緑区鳴海町宿地66-1
期間 営業時間:10:00~18:00
ランチ(御膳)は11:30から。そのほかの食事は10:00から可能。
ランチタイムの席の予約は『季節の御膳』のみOKです。
月曜定休
関連サイト