魚の斬新な美味しさに出会える居酒屋。栄『酒肴や 魚忠本店』

グルメ

鮮魚の販売店や回転寿司店として名古屋では馴染みの深い「魚忠」。
その魚忠が運営する海鮮料理が食べられる居酒屋があるのをご存知でしょうか?

栄にある『酒肴や(さかなや) 魚忠本店』は、魚屋だからこそ出来る新鮮で上質な海鮮料理が味わえる店。

都心のど真ん中にある絶好のロケーション、上質な空間、そして寿司や刺身だけではない、調理法を工夫した美味しい魚料理たちが自慢なのです。

上質な和モダン空間が魅力。魚忠が手がける海鮮居酒屋

栄の中区役所のすぐ東、「広小路プレイスビル」の2Fにある「魚忠本店」。
今から17年前に魚忠が運営する唯一の海鮮居酒屋としてオープンしました。

このお店の魅力の一つが、大人が納得するスタイリッシュで上質な店内空間。

入口から入ってすぐの場所には、寿司屋さながらの調理風景も眺められるモダンなカウンター席がお出迎え。

広々としたフロアにはゆったりくつろげるソファータイプのボックス席も多数。

掘りごたつタイプの個室は間仕切りを取り除くことで36名までの大人数で使用可能。宴会や接待にもバッチリです。

魚の美味しい食べ方を追求した焼き/揚げ料理のおすすめ3品

こちらでは寿司や刺身といった海鮮料理の定番もももちろん提供していますが、さらに一歩踏み込んだ「寿司だけじゃない魚の美味しい食べ方」を提案している点も魅力なのです。

今回は、焼きや揚げといった調理法を用い素材の味わいを引き出した、自慢のメニュー3品をお店の方に選んでいただきました。

まずはこちらの『ぶりかま焼』(1,600円+税)。

一般的にかま焼きというとエラの後ろの部分のみを食べることが多いと思いますが、なんとこちらはブリの頭部まで丸々ついてくるダイナミックな仕様。

魚の部位の中でも脂の多いかまは、ほぐれていて非常に柔らかくジューシー。
塩焼きの皮のパリパリ感があるからこそ余計にその柔らかさが引き立ちます。

頭部にも美味しい箇所がいっぱい。
特に「ハチノミ」と呼ばれる頭のてっぺんにあたる部分の肉は、引き締まり具合と脂の乗り具合のバランスの良い希少部位。

また眼球の周りの肉や、コラーゲンが多分に含まれる眼球そのものも意外といけるんですよ。

続いて『キンキの塩焼き』(2,600円+税)。
高級魚として知られるだけあって、盛り付けも非常に華やか。

串に刺して焼いた身は丸まっているのが特徴的。
骨の部分、尾の部分と一緒に並べられた形は、どことなく金のシャチホコを連想させます。

外身はパリパリ、中身はふわふわのたまらない食感。
脂乗りが良いわりに、後味がとてもさっぱりしているのに驚き。

最後は冬の季節メニュー『クエの唐揚げ』(1,800円+税)。

鍋や刺身で食べるのが一般的なクエを、唐揚げで食べるというのはなんとも斬新。

衣は薄めで、身の柔らかさが引き立っています。
皮がついたまま揚げているため、皮と身の間の旨味がつまった部分が存分に堪能出来るのが嬉しいです。

魚料理にもぴったり「一番搾りプレミアム」

今回ご紹介したような脂の乗った魚料理や揚げ物のお供にしたいのが、やはりビールですよね。
中でもワンランク上の味わいでおすすめなのが、『一番搾りプレミアム』です。

上質な空間・上質な料理にこそマッチする、香り高さ、口当たりのなめらかさ、雑味の少なさ。まさしくプレミアムな味わいといえます。

週末を中心に混雑することも多いこちらのお店。ぜひ予約した上で足を運んでみてくださいね。

 

※メニューや価格等の情報は変更となる場合があります。

MAP

場所 名古屋市中区栄4-2-29 名古屋広小路プレイス2F
営業時間 16:00〜24:00(L.O.23:00)
定休日 日曜日・祝日
公式サイト 酒肴や 魚忠本店