錦三丁目の大酒場『だるま』でザ・名古屋な下町味噌料理に出会う【ラガー大びんの似合う店⑨】

その他

2017/04/22

名古屋の味の代名詞・味噌を使った料理は、キリンラガービールとも相性抜群。
飲みながら数多くの味噌を使った名物メニューが味わえる店といえば、錦三丁目にある人気店『名古屋大酒場 だるま』。

週末には多くのサラリーマンたちが憩いの酒を楽しむこの酒場は、昭和の古風な下町情緒にあふれ、他の地域からの観光で訪れた方にもおすすめのお店。
今回は「だるま」のビールに最高に似合う名物メニューを紹介します。

金文字の大看板が目印!錦三の定番酒場

名古屋を代表する夜の繁華街・錦三丁目、通称錦三(きんさん)
多くの飲食店がひしめき合い、週末ともなれば多くの人々が繰り出すこの街で、朱塗りに金文字というひときわ目立つ巨大な看板を輝かせているのが、「名古屋大酒場 だるま」。

和をモチーフにしているのは外観だけかと思いきや、中に入るとさらに古風な空間になっているのには驚き。
障子・畳・木の床やテーブル、座布団に至るまで古き良き昭和の下町酒場の情緒が漂っています。

大衆的な居酒屋メニューやドリンク類が豊富に取り揃えられているのはもちろんのこと、
こちらのお店で絶対に味わいたいメニューといえば、名古屋名物『どて串』、そして『づけ串』、『鶏ちゃん焼』。
いずれも名古屋の味・味噌を深く堪能できるものばかりです。

 

一杯目のあてには名物「どて串」「づけ串」を

一杯目のビールのお供にぴったりな、どて串の「大根」「卵」
いわゆる「味噌おでん」ですが、大鍋でぐつぐつと煮込まれて見た目は黒々としており、お味も実に濃厚。
卵などは部分的に皮がかなり固くなってしまっていますが、それもまた一興なのです。

こちらはどて煮の『牛すじ』と『とんちゃん』
どちらも味噌の味わいとともに、素材自体の旨味が閉じ込められており、アツアツでいただくのがおすすめです。

そしてこちらはだるまの名物メニュー『づけ串』。
ホルモン、牛たん、レバーなどを特製のタレに漬けつつ焼き上げた串物です。

ホルモン独特の脂のギラつき具合が見た目からしてたまりませんね!
とろけるような柔らかみとコリコリした食感が楽しめる大人のメニューです。

 

豪快に焼き上げる名物「鶏ちゃん焼き」

そしてこちらがだるまのもう一つの名物・『鶏ちゃん焼き』。
味噌と塩の二種類の味から選ぶことが出来ますが、ここは格段にラガーとの相性の良い味噌をチョイス。
こだわりの信州味噌で味付けした鶏肉を、キャベツとともに豪快に焼き上げます。

だるまの鶏ちゃん焼は、キャベツ以外にも野菜トッピングを二種類チョイスすることが出来ます。
今回はシンプルに、「ニラ」と「ネギ」をトッピング。
たちこめる煙はまるで炉端の屋台のように食欲をそそるい〜い香りがします。

お肉は味噌の味がとてもよく浸かっているにも関わらず、アクが強すぎず、キャベツやネギのシャキッとした爽やかな甘みもあいまって、非常にさっぱりと食べられます。
また、お好みで一味唐辛子とにんにくをトッピングすることも可能ですよ。

名古屋の味を網羅し、まさにラガーに最高に似合うお店。
価格も全体的にリーズナブルなので、気負いせず仲間たちと語らう週末の夜を過ごすのにうってつけです。

また、”観光客向け過ぎない名古屋めし”を楽しみたい名古屋以外の地域の方が訪れるお店としてもおすすめ。
月曜日から土曜日までは深夜5時まで営業しているので、心ゆくまで名古屋の”夜飲み”を堪能できますよ。

 

◆取材協力/キリンビール株式会社

MAP

場所 名古屋市中区錦3-18-18
営業時間 月〜土/16:00〜翌5:00
日・祝/16:00〜24:00
定休日 不定休
公式サイト