老舗百貨店 丸栄が閉店。創業400年の歴史に幕、2020年に向けて再開発。

閉店

2017/10/11

栄にある百貨店の松坂屋、三越、丸栄。

その一角となる丸栄が創業1615年、400年以上の歴史に幕を下ろすことになりました。
閉店の理由は?閉店後はどうなるのか?気になる情報を速報でご紹介します。

今年の7月に再建を探っていたが…

丸栄は主力となる婦人服の売上が低迷、ターゲットを若い層にも向け展開をしておりましたが経営不振を理由に今年の7月に化粧品メーカー興和の傘下に入り再建の立て直しを探っていました。
そんな中、建物の老朽化が大きな問題に。建物の一部が震度6強以上の地震で倒壊の危険性が高いと判定されていたのもあり閉店、取り壊しが決定。

約2千億円の費用をかけ再開発、2020年をめどに新商業施設のオープンをする方針のようです。

取り壊しとなる建物は他にも…

広小路通を挟むようにして丸栄の北側に建つ『ニューサカエビル』、名古屋国際ホテルが入る『栄町ビル』も老朽化を理由に2020年までに取り壊し更地にする予定のようです。

3つのビルを全て取り壊し一気に開発せず、まずは丸栄跡地に新商業施設をオープン、その後段階を踏んでニューサカエビルと栄町ビルの後にも開発をしていくとの情報はありますがまだ北側の2つのビルが周辺地権者との折り合いがついていないのもあり未確定な情報のため新情報が入り次第当サイトでも更新していきます。

そんな中ですが、明日からイベント開催!

閉店の発表にはなりましたが、正式な閉店時期や新商業施設の詳細については全くわかっておりません。
未来の丸栄の動向も気になりますが、まずは今の丸栄に注目しましょう。

明日12日(木)より『うまいぞ みちのく。東北六県の物産と観光展』が17日(火)まで8階大催事場にて開催。
宮城県人気の牛たん専門店・利久の牛たん弁当、岩手県釜石・中村家の三陸海宝漬、福島県喜多方・老麺まるや(らーめんまるや)の喜多方ラーメン、青森県・アルバジョンのチーズとリンゴのケーキ、秋田県 佐藤養助商店の稲庭干しうどん、山形県 味の梅ばちの米沢牛弁当など東北の味覚と伝統工芸品をぎゅっと集めた内容になっているようです。

MAP

住所  〒460-8674 愛知県名古屋市中区栄3丁目3−1
電話番号 052-264-1211
閉店時期 未定
公式サイト 丸栄 公式サイト