名古屋のかき氷の美味しいお店まとめ!王道から進化系まで厳選28店

グルメ

いよいよ夏到来!
蒸し暑い季節には、やっぱりひんやり冷たいモノが食べたくなりますよね〜。

そこで今回は、名古屋市内で美味しいかき氷が食べられる人気店を28店舗、どどどんっ!と網羅してみましたー。

老舗甘味処から一年中食べられる専門店まで個性的なお店がいっぱい。
この記事を参考にしながら、今年は氷巡りしてみてはいかがでしょうか??

もくじ

※新型コロナウイルス関連の社会情勢に伴い、店舗の短縮営業や休業を実施している場合があります。お店に行かれる場合はあらかじめ公式SNSなどで営業状態を確認してください。

01.柴ふく(東別院)

柴ふく

中区の地下鉄「東別院」駅を北に行った場所にある甘味処。
古民家を利用したレトロな雰囲気と、看板犬【くるみちゃん】の存在も相まって超人気店に。

15種類以上の氷メニューの中でも一番人気はきなこたっぷりの『黒柴金時ミルク』。

黒蜜・きな粉・小豆・ミルクが壁のようにがっつり固められたその姿は圧巻。もちろんお味も至福。

その他にも赤蜜を使った氷や西尾産の抹茶を使った氷など昔ながらの甘味処らしいメニューがラインナップ。
どれも一度食べたら忘れられなくなる味わい深さです。

場所 名古屋市中区大井町1-45
google mapで見る
営業時間 12:00〜18:00(L.O.17:30)
定休日:月曜日、火曜日
氷の提供時期 一年中
ホームページ

02.雀おどり總本店(栄)

1856年創業の超老舗和菓子店。
栄の大津通沿い、松坂屋向かいの一等地に店舗を構えています。

人気のメニューは『宇治金時ミルククリームわらび氷』。

西尾産抹茶から作った抹茶蜜、自家製のあんことアイスクリーム、練乳などこだわりの詰まった一杯。
下の方にわらび餅が見え隠れしていて、なんとも涼しげな雰囲気を醸し出しています。

suzumeodori11

また、沖縄産黒砂糖を100%使った自家製黒蜜がかかった『大島金時ミルククリームわらび氷』も人気。
他ではなかなか出会えない一品だけに、ぜひ味わってほしいです。

場所 名古屋市中区栄3丁目27-15
google mapで見る
営業時間 10:30〜18:00
定休日:元旦以外無休
氷の提供時期 一年中
ホームページ 雀おどり総本店

03.赤福茶屋(名古屋/栄)

伊勢名物「赤福」が展開する、赤福とさまざまな甘味を提供する甘味処。

名古屋には名駅のジェイアール名古屋タカシマヤ地下と、松坂屋名古屋店地下にあります。

提供されるのはきめ細やかな氷に抹茶蜜がかけられた『赤福氷』。

ぱっと見は非常にシンプルですが。。。

akafuku11

氷の中にあんことお餅が隠れています。
赤福で使われているものと全く同じものではなく、冷たい氷に合うよう特製で作られているとか。

こちらは夏季限定での提供となります。

場所 【ジェイアール名古屋タカシマヤ店】
名古屋市中村区名駅1-1-4 ジェイアール名古屋タカシマヤB1F
google mapで見る
【松坂屋名古屋店】
名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店本館B1F
google mapで見る
営業時間 10:00〜20:00
定休日:百貨店定休日に準ずる
氷の提供時期 夏季のみ(例年4月〜9月頃まで)
ホームページ 赤福茶屋

(※さらに詳しい紹介記事はこちら↓)

『赤福茶屋』が作るオリジナルかき氷!夏季限定「赤福氷」を名古屋で味わう。

04.澤田商店(伏見)

伏見の南にある、創業およそ90年の超老舗氷問屋が営む甘味処。

2019年には建物をリノベーションして、古い家屋のいい所を残しつつレトロモダンな雰囲気の店内に刷新されました。

提供されているメニューはすべて純氷を使用。
しろみつ、くろみつ、いちごなど昔ながらのシンプルなものが中心。ミルクやナッツなどのトッピングも選べます。

季節ごとに旬の果物を贅沢に使ったソースをかけていただく氷メニューも登場。
果肉感を感じつつも、氷のふわふわ感も邪魔しないのがすばらしいです。

場所 名古屋市中区栄1-13-31
google mapで見る
営業時間 11:30〜19:00
定休日:火曜日
※8月は無休
氷の提供時期 一年中
ホームページ 甘味や 澤田商店(Instagram)

(※さらに詳しい紹介記事はこちら↓)

伏見のかき氷の老舗店『澤田商店』が、改装リニューアルしてレトロかっこよくなってる。

05.今井総本家(大須)

大須の万松寺通入口付近にある、明治39年創業・伝統の天津甘栗の販売店。
このお店の看板を見ると「ああ、大須に来たな」と思う人も多いはず。

imai11

ここで食べられるのが世にも珍しい天津甘栗を使った『栗ミルク』

時間をかけてじっくりと凍らせた純氷を使用。そこへ栗をふんだんに使った特製ミルクがかけられた一品。

さらに氷の中にソフトクリームがインするトッピングも可能!
プラス100円のバニラソフト、プラス150円で栗ソフトから選べ、外からも中からも香ばしい味わいを楽しめます。
夏季のみの提供となるので注意です。

場所 名古屋市中区大須3-30-47
google mapで見る
営業時間 9:00〜19:00
定休日:無休
氷の提供時期 夏季のみ(詳細は店舗にお問い合わせ下さい)
ホームページ 今井総本家

06.shizuku(中村区役所)

中村区・大門のお茶屋さん『芳茗園』が手がけるお店。
古民家をリノベーションしたおしゃれな空間で、オリジナルの抹茶や日本茶を使ったシロップの氷が味わえます。

現在はWEBでの予約制になっています。

※2021年5月17日〜8月末までは中村区の店舗は休業中。
その間、名古屋市東区泉2-1-28 ヴィアーレストリア2F「ワイン&串揚げ 粋」にて昼の時間帯に「借りぐらしのshizuku」として間借り営業を行っています。

石臼で丁寧に挽いた上質な宇治抹茶を使用した『濃茶氷』は、ほろ苦く濃厚な抹茶の風味がダイレクトに伝わる一品。

白蜜の甘さのみで仕上げられているため、甘さが足りない人はミルク等を別途トッピングでオーダーするといいです。

丹波産黒豆きなことミルクを使った『黒豆きな粉ミルク氷』も人気。
きなことあずきの素朴な味わいが◎。大味ではなく繊細な味わいに心が癒されます。

場所 名古屋市中村区太閤通6-8
google mapで見る
営業時間 12:00〜17:00
※完全WEB予約制。詳細は下記公式Instagramを確認してください。
定休日:火曜日・水曜日・木曜日
氷の提供時期 一年中
ホームページ shizuku(Instagram)
借りぐらしのshizuku(Instagram)

(※さらに詳しい紹介記事はこちら↓)

【中村区・大門】日本茶の味わいと空間へのこだわりをカタチにした甘味処『Shizuku』

07.A.cocotto(今池)

千種区・今池北の住宅街の中に店舗を置く通年営業の専門店。
営業日は基本的に毎週金・土・日・月の4日間のみ、現在は完全予約制で営業しています

予約方法に関しては公式Instagramを確認してください。

こちらは『ほうじ茶ミルク』。
このお店のメニューはどれもシンプルですがなんといってもふわふわで口溶けのよい氷と自家製ミルクの親和性の高さがポイント。

他にも季節に合わせてさまざまな素材を使用したオリジナルシロップの氷を提供。
メニューは基本的に週替わりなので毎週何が出てくるのかな〜と楽しみになってしまうほど。Instagramでメニューが告知されているので行く前に要チェックです。

場所 名古屋市千種区神田町28-23 青山マンション1F
google mapで見る
営業時間 13:00〜19:00(L.O.18:30)
※金土日月のみ営業
※完全予約制
氷の提供時期 一年中
ホームページ A.cocotto(Instagram)

(※さらに詳しい紹介記事はこちら↓)

『A.cocotto(エーココット)』魅惑のシロップの虜になる名古屋かき氷の新星

08.あんどりゅ。(大須)

2014年に大須にオープンし、颯爽と女子達のハートをかっさらっていった人気店。
現在は「赤門」交差点角にあるビルの2Fで営業しています。

やはりこのお店の魅力は独創的なメニューの数々。
人気メニューの1つ『てらみす』には、こぼれ落ちそうなトロットロのクリームチーズがオン。
釜めしの釜(?)のような器に入って提供されるのも特徴。

こちらも定番メニュー『しおきゃらめるおし』。
ほんのり甘いキャラメル味のシロップとクリーム、さらに塩がトッピングされしょっぱ美味しい夏にぴったりの一杯。

これ以外にも期間限定メニューを含むバラエティー豊かなフレーバーの数々で、多くのファンを魅了しています。

場所 名古屋市中区大須4-2-47 赤門ビル2F
google mapで見る
営業時間 11:00〜18:00
定休日:不定休
★営業時間、定休日は変更となる場合があるため、下記の公式SNSを都度参照してください。
氷の提供時期 一年中
ホームページ かき氷専門店あんどりゅ。大須本店(Instagram)

(※さらに詳しい紹介記事はこちら↓)

移転オープン!大須『あんどりゅ。』のふわふわエスプーマかき氷で夏を乗り切れ!!

09.カフェサブヒロ(一社)

名東区・一社の南側にある、美と健康を考えたコーヒー&スイーツカフェ。
ネルドリップコーヒーや自家製ケーキなども楽しめます。

こちらの氷は時間をかけて作られた、透明できめ細やかな純氷を使用。

人気の『苺みるく氷』はたっぷりのミルクと苺シロップが染み込んだ甘党にはたまらない一品。
正面から見るとなんだか顔みたいに見えませんか?
個性的かつフォトジェニックな氷が多いのもこのお店のポイント。

さらに、1日に5食限定だという超レアな『アボカドミルク氷』も注目。

熟成アボカドと練乳ベースのシロップに果肉もたっぷりトッピング。贅沢感満点です!!

場所 名古屋市名東区一社2-55
google mapで見る
営業時間 平日:9:00〜18:00
土日祝:7:30〜18:00
定休日:火曜日
氷の提供時期 一年中
ホームページ カフェサブヒロ(公式サイト)
カフェサブヒロ(Instagram)

10.AMATO よこ田(藤が丘)

地下鉄「藤が丘」駅から徒歩1分のところにある甘味処。

こちらでは岐阜の人気店『赤鰐』の店主の師匠である横田氏が作る氷メニューを味わうことが出来るんです。

時期によって提供されているメニューは変わりますが、デザート的な見た目にも華やかなものが中心。

果物いっぱいミルク』は、季節の果物をふんだんに使用したゴージャスな一品。

こちらは『ココナッツスペシャル』。
ココナッツの香りが漂う南国的な一品。やさしいミルクの味わいがくせになりそう。
氷の口どけ・甘さのバランス・後味まで完璧なかなりハイレベルな一杯が味わえますよ。

場所 名古屋市名東区藤が丘144-3 東名ビル1F
google mapで見る
営業時間 11:30〜16:45
定休日:月曜日
氷の提供時期 一年中
ホームページ AMATO よこ田(Instagram)

(※さらに詳しい紹介記事はこちら↓)

藤が丘の甘味処『AMATO よこ田』の匠が作るかき氷に悶絶!!

11.Cafe&Bar drawing(名古屋大学)

名古屋大学の西、坂道の多い住宅街の中に佇むカフェ。
通年で提供されている氷メニューが名物のお店です。

ティラミス』はこんもりとしたふわふわ氷にミルク、マスカルポーネクリームとココアパウダーをトッピング。
中にもクリームが入っており最後まで飽きのこない一杯。

こちらは見た目にも鮮やかな『ブルーベリークリームチーズ』。
季節ごとに変わるフルーツを使用したソースとミルク/クリームチーズとの組み合わせが定番。

メニューは固定ではないので都度公式Instagramなどを確認するとよいでしょう。

場所 名古屋市昭和区宮東町34 プレスイン南本山1F
google mapで見る
営業時間 12:00〜17:00(L.O.16:30)/18:00〜22:00(L.O.21:30)
定休日:月曜日/火曜日
氷の提供時期 一年中
ホームページ Cafe&Bar drawing
Cafe&Bar drawing(Instagram)

12.スリアコーヒー(新瑞橋)

新瑞橋交差点から北東へ1分ほど歩いたところにあるカフェ。
一年中味わえる氷メニューが名物のお店です。

大きな器に入って非常にずっしりとしています!
メニューはコーヒーや紅茶、抹茶などをベースに実に種類豊富。

(※時期により提供されているメニューは変わるため、参考程度にご覧ください。)

プレミアムモカナッツ』はホイップクリームやココアパウダー、チョコソースとコーヒーゼリーまでのった豪華な一品。

キャラメルミルクティー』はすっきりとしたティーオレシロップのかかった氷に、ホイップとキャラメルソースをトッピング。
甘すぎず口当たりなめらかです。

ほかにも季節ごとに非常に見た目がかわいらしい限定商品が登場することが多いので、公式Instagramで今提供されているメニューをチェックしてからお店に行くといいかもしれません。

場所 名古屋市瑞穂区洲山町2-1-1
google mapで見る
営業時間 <平日・土曜日>
11:00~21:00
<日曜・祝日>
11:00~18:00
定休日:不定休
氷の提供時期 一年中
ホームページ スリアコーヒー(Instagram)

13.ボアヴェールテール(桜山)

桜山の商店街にあるクラシカルでかわいらしい雰囲気のおしゃれカフェ。
一年中個性的な氷メニューの数々を楽しむことができます。

(※時期により提供されているメニューは変わるため、参考程度にご覧ください。)

ブルーベリーヨーグルト』は、ふわふわの氷にヨーグルトのさっぱりした酸味とクリームチーズシロップのなめらかな口当たりが非常によく調和しています。

ピスタチオみるく』は濃厚ミルクシロップとピスタチオのつぶつぶの歯ざわりが斬新!

ほかにも季節によってバラエティ豊かな氷が登場します。
全体的に丸っこい形で、スコップのような形のスプーンで食べるのもかわいいですよね。

場所 名古屋市瑞穂区瑞穂通1-32
google mapで見る
営業時間 11:30〜17:30(L.O17:00)
定休日:不定休
※休業日は下記公式Instagramでご確認ください。
※土日のみWEB予約優先です。
氷の提供時期 一年中
ホームページ ボアヴェールテール(Instagram)

14.尼ヶ坂サロン(尼ヶ坂)

名鉄瀬戸線「尼ヶ坂」駅から北に徒歩3分のところにあるカフェ。
おしゃれなアート空間でランチなども楽しめます。

氷メニューは例年初夏〜秋ごろに提供されます。

定番の『黒蜜ときなこ』は、ふんわりと口溶けのよい氷に、沖縄の黒糖で作った黒蜜をしみこませ、さらにきなこがたっぷり!
やさしい甘さの黒蜜と香ばしいきなこのハーモニーが味わえます。

こちらは毎年初夏〜夏頃提供される人気メニュー『摘みたていちご』。

鮮烈な赤色のルックスが衝撃的!
いちごを濃厚なペースト状にしたシロップが、氷を完全に覆い隠すほどたっぷりかかっています。

ほかにも『』や『摘みたてブルーベリー』など季節ごとに変わる限定メニューも人気です。

場所 名古屋市北区杉村1-4-4 尼ケ坂ビル
google mapで見る
営業時間 11:30~18:00(L.O17:00)
定休日:毎週木曜日、第1、第3、第5水曜日
氷の提供時期 初夏〜秋ごろ
ホームページ 尼ケ坂サロン公式サイト
尼ケ坂サロン(Instagram)

(※さらに詳しい紹介記事はこちら↓)

アートなギャラリーカフェ『尼ケ坂サロン』でいただく濃厚シロップの絶品かき氷!

15.uminagomi(植田)

天白区・鴻の巣の雑貨店『ココウォーク』内にあるお店。
前述した千種区『A.cocotto』がメニュー監修した氷メニューを一年中通して味わうことができます。

夏季(6月〜9月)のみWEB予約制で営業しています。

(※時期により提供されているメニューは変わるため、参考程度にご覧ください。)

チョコミントミルク』は鮮烈なミントグリーンのシロップにチョコレートシロップをかけたルックスもかわいらしい一品。
とってもさっぱり爽やかな味わいです。

すももアールグレイ』は、果実の香り・酸味・甘みとアールグレイの香ばしい香りの組み合わせが秀逸。

見た目・味のクオリティ共にA.cocottoとほぼ同様の氷が、駐車場のある郊外のお店で味わえるのはとても貴重ですね。

場所 名古屋市天白区鴻の巣1-1311 COCOWALK天白店内
google mapで見る
営業時間 13:00〜19:00(L.O.18:30)
定休日:火曜日、水曜日、変則で木曜日
※くわしい営業日は下記公式Instagramをご確認ください。
※夏季(6月〜9月)のみWEB予約制です。
氷の提供時期 一年中
ホームページ uminagomi(Instagram)

16.藤が丘ASH(藤が丘)

地下鉄「藤が丘」駅北西にあるテナントビルの奥にある、秘密基地感あふれるシーシャバー。

こちらではシーシャのフレーバーミックスから着想を得たシロップの組み合わせを楽しむ氷を一年中楽しめます。

トップ・ミドル・ボトムの3層を好きな組み合わせでカスタムすることが可能。

抹茶×ミルク×キュラソー』は、抹茶ミルクにブルーキュラソーを加えることで、新感覚のさっぱりとした香り爽やかな味わいに。

こちらは変わり種の『マンゴーハバネロ』。
マンゴーシロップたっぷりの氷にハバネロの柿の種をトッピングしています。

すべて純氷を使用しており雪のようになめらかな口どけが特徴。前述の名東区の人気店『カフェサブヒロ』で培われた技術が活かされています。

場所 名古屋市名東区藤が丘116 アスクビル1F
google mapで見る
営業時間 12:00〜20:00
定休日:不定休
氷の提供時期 一年中
ホームページ かき氷ShishaBarCafe 藤が丘ASH(Twitter)
かき氷ShishaBarCafe 藤が丘ASH(Instagram)

(※さらに詳しい紹介記事はこちら↓)

カスタム自在なフレーバーが魅力『藤が丘ASH』の香るかき氷に大注目!

17.WARA家(池下)

地下鉄「池下」駅から北東に行ったところにある、小さな甘味カフェ。

こちらは人気メニューの『ココアミルク』。
天然水はまさしく雪のような口どけ。やさしいビターなカカオの甘みとミルクの甘みの調和が楽しめます。
和風な御膳スタイルでの提供も魅力的。

定番の抹茶やきなこ、シンプルないちごのなどの味も提供。
まったりした時間が流れる昔ながらの甘味処感を思う存分楽しめます。

場所 名古屋市千種区池下町2-52
google mapで見る
営業時間 12:30〜16:30
※毎週土曜日、日曜日、不定で金曜日営業
詳細は下記facebookページを確認してください。
氷の提供時期 一年中
ホームページ 甘味カフェ WARA家|facebook

18.ちゃ大和園(藤が丘)

藤が丘駅から北へ徒歩およそ10分、「朝日が丘」交差点近くにある創業25年の老舗のお茶屋さん。

店内の喫茶スペースでは抹茶やほうじ茶などのソースを使ったメニューがいただけます。

こちらは『玉デラ』(白玉・あずき・ミルク)の抹茶ソース。

シャリシャリとしつつも口どけの良い氷に、濃厚ながらやさしい味わいの抹茶、柔らかい甘さのミルクがベストマッチ。

こちらは『みるきーな』(ミルク・きなこ)のほうじ茶ソース。
きなこをトッピングすることにより独特のコクが生まれアクセントになります。

追加料金でソースを2種類選ぶことも可能となっているので、贅沢に食べ比べやブレンドを楽しんでみるのもいいかも。

場所 名古屋市名東区朝日が丘1-4
google mapで見る
営業時間 10:00〜18:00
定休日:木曜日
氷の提供時期 一年中
ホームページ ちゃ大和園

19.内山冷菓(中村公園)

地下鉄「中村公園」駅から東へ徒歩6分のところにある、昭和初期の情緒が漂う昔ながらの冷菓店。

夏季(6月1日〜9月20日)のみ氷メニューやアイスクリームなどを提供しています。

人気メニューの『フルーツ氷』は、約10種類くらいの食べごろのフルーツをどっさりトッピング。
寒天や自家製白玉も入り食感も豊かです。

アールグレイ氷』は、セレクトされたこだわりの茶葉の香りが良い一品。
追加のトッピングとして練乳や黒タピオカを別途オーダーするのがおすすめです。

場所 名古屋市中村区太閤通7-23
google mapで見る
営業時間 12:00~21:30(L.O. 21:15)
定休日:営業期間中はなし
氷の提供時期 6月1日〜9月20日
ホームページ

(※さらに詳しい紹介記事はこちら↓)

期間限定!昔懐かしいかき氷店が進化を始めた『内山冷菓』

20.大黒屋本店(栄)

錦三丁目の繁華街に店舗を構える、創業150年にもなる超老舗和菓子店。
店内の喫茶スペースでは一年中氷メニューを味わうことができます。

宇治金時ミルク』はさらさらの氷に濃厚な抹茶となめらかなミルクがマッチ。
中にたっぷりとあずきが隠れているのがたまりません!

こちらは『黒みつきなこ』。
きなこが別添えでついてきてたっぷりとかけることが出来るので、きなこ好きには大満足!です。

昔ながらの正統派の氷を栄の中心部で一年中楽しめるという点では、かなり穴場のスポットといえそうです。

場所 名古屋市中区錦3-19-7
google mapで見る
営業時間 10:00~21:00
定休日:日曜日、祝日
氷の提供時期 一年中
ホームページ 大黒屋本店(Instagram)

21.山中羊羹舗(大須)

大須の万松寺通商店街にある、明治33年から続く老舗の和菓子店。

併設の『喫茶あずき』では、毎年5月上旬〜10月中旬まで氷メニューを提供しています。

メニューは宇治抹茶を使用したものが中心。
宇治ミルク』は山盛りの氷に抹茶シロップと練乳がたっぷり。

抹茶シロップはオーダー後に作り上げており抹茶のほろ苦さ・香りをしっかり感じられる濃厚な仕上がり。
アイスクリームやあずきのトッピングもオーダーできるので、王道の味わいを楽しみたい時におすすめ。

場所 名古屋市中区大須3-31-7
google mapで見る
営業時間 10:00~19:00
(喫茶は12:00~18:30)
定休日:木曜日(祝日の間は営業)
氷の提供時期 5月上旬〜10月中旬
ホームページ 山中羊羹舗

22.文の助茶屋(名古屋)

名古屋駅前「ジェイアール名古屋タカシマヤ」6Fにある、京都発祥の甘味処。

眺望の良い店内は広めでゆったりとくつろげるソファ席も多く、アクセスの良いカフェとしても穴場です。

氷メニューは一年中提供。
宇治の里』は非常に香りの良い宇治金時氷に、白玉、抹茶アイス、きなこアイスをトッピングした贅沢な一品。

そして若干変わり種なのがこちらの『田舎氷』。
非常にやさしい甘みのきなこ蜜が全体にかけられており、白玉とアイスをトッピング。氷の中から大きなわらびもちが現れます!

場所 名古屋市中村区名駅1-1-4 ジェイアール名古屋タカシマヤ6F
google mapで見る
営業時間 10:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:ジェイアール名古屋タカシマヤの休業日に準ずる
氷の提供時期 一年中
ホームページ 文の助茶屋

23.清水一芳園(栄)

栄の「レイヤードヒサヤオオドオリパーク」内、テレビ塔南の水盤近くにあるカフェ。

京都発祥・茶問屋直営の高品質な日本茶を使用したドリンクやデザートを味わうことが出来ます。

このお店の名物といえばこちらの「エスプーマ氷」。

宇治抹茶氷』はふわふわ氷に、濃厚な宇治抹茶のエスプーマを大量にトッピング。
口に入れた瞬間しゅんわりと溶ける氷と泡のようなエスプーマのダブルの口どけのハーモニーがたまらない!

ほうじ茶氷』はやさしい甘さとほんのりした苦みが交わる大人な一品。
黒蜜で甘さを調整できるほか、トッピングされたチョコレートチップの食感も楽しいです。

場所 名古屋市中区錦3-15-15 レイヤード ヒサヤオオドオリパーク ZONE4 2F
google mapで見る
営業時間 11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:不定休
氷の提供時期 一年中
ホームページ 茶匠 清水一芳園

(※さらに詳しい紹介記事はこちら↓)

『茶匠 清水一芳園』が名古屋初上陸。濃厚抹茶のエスプーマかき氷がたまらない!

24.甘処 いまゐ(栄)

栄の「名古屋三越 栄店」地下1Fにある甘味処。
ゆったりとした和モダン空間で、お茶を使ったさまざまなドリンクやスイーツが味わえます。

氷メニューの定番は『濃厚抹茶金時 白玉添え』。

抹茶の味わいが濃厚で、シロップの甘みともよく合っています。
白玉と、たっぷりのあんこもトッピングされて食べごたえ抜群。

こちらは『黒糖きな粉金時 白玉添え』。
黒糖ときな粉という王道の味わいにどこか懐かしさが感じられる一品。

ほかにも期間限定でいちごや梅を使った氷も提供されるため、そちらも注目です。

場所 名古屋市中区栄3-5-1 名古屋三越栄店B1F
google mapで見る
営業時間 10:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:三越の休業日に準ずる
氷の提供時期 一年中
ホームページ 和・かふぇ いまゐ

25.茶縁(車道)

東区の車道商店街の途中にある日本茶カフェ。
創業90年の老舗日本茶専門店『みどりや茶舗』が運営。お茶を使ったさまざまなスイーツメニューが味わえます。

氷メニューは例年、7月〜9月頃の夏季限定で提供されています。

茶縁氷』は挽きたての抹茶をふんだんに使用。
ボリューミーなあずきや白玉を抜けた先には抹茶寒天が隠れており、最後まで贅沢な味わいをとことん味わい尽くせます。

抹茶フロマージュ』はふわふわなチーズクリームと抹茶ソースの味わいが重なる贅沢感がたまらない!
チーズの重厚感がたまらない、なかなか他では味わえない一品です。

場所 名古屋市東区葵2-9-15
google mapで見る
営業時間 10:00〜19:00(L.O.18:30)
定休日:木曜日
氷の提供時期 例年7月〜9月頃
※詳細は下記公式サイトやSNSで確認してください
ホームページ 茶縁(公式サイト)
茶縁(Instagram)

(※さらに詳しい紹介記事はこちら↓)

車道の緑に囲まれた日本茶カフェ『茶縁』で見た目にも美しい抹茶スイーツを堪能。

26.カフェドリオン ブルー(国際センター)

地下鉄「国際センター」駅から徒歩5分、堀川沿いにあるフルーツたっぷりのパフェが人気のお店。
氷メニューは例年夏季のみ提供されます。

人気メニューはこちらの『焦がしカラメルプリンのかき氷』。
升のような器からあふれ出るように大量にかけられた、プリンクリームとカラメルソースのビジュアルが圧巻!

“プリン風”かと思いきや、中には本物の焦がしカラメルプリンも入っていて驚き!です。

その他にも時期変わりで旬の桃やマンゴー、みかんなどを使用した氷メニューも提供。
どれもボリューム満点です。

いずれも毎日個数限定となっているため、あらかじめ予約してから来店すると安心です。

場所 名古屋市中村区那古野1丁目38-13
google mapで見る
営業時間 11:00~18:00
定休日:水曜日
氷の提供時期 夏季
※詳細は下記公式Instagramでご確認ください
ホームページ カフェ ド リオン(Instagram)
カフェ ド リオン ブルー(Instagram)

(※さらに詳しい紹介記事はこちら↓)

『カフェ・ド・リオン・ブルー』が那古野にオープン。極上のフルーツパフェを味わおう!

27.相生(高岳)

東区・泉三丁目の外堀通沿いにある、創業昭和29年という老舗甘味処。

現在は店主の療養中のため、限られた営業日・縮小されたメニューのみの提供となっています。

こちらは『氷あずき』+ミルクトッピング。
ごくごくシンプルなみぞれ氷。真っ白な雪玉のようなルックスが魅力的ですが、口の中でふんわりと溶ける食感も絶品です。

つぶあんは氷を食べ進めていくと中の方から現れます。
柔らかな氷をひとしきり食べた後の「締め」の感覚で食べられる粋な計らいがいいですね。

公式サイトで営業日がアナウンスされているため、必ずチェックしてから訪問するのがおすすめです。

場所 名古屋市東区泉3-1-6
google mapで見る
営業時間 12:00〜16:00
不定休
詳しい営業日は下記公式サイトをご確認ください
氷の提供時期 一年中
ホームページ 甘味処 相生

28.ささやなぎ(名古屋)

名古屋駅から広小路通沿いを東へ向かったところにある名店。
ちょうど「笹島」と「柳橋」の中間にあるから「ささやなぎ」なんですね。

現在は、夏のほんの限られた営業日のみ氷メニューを提供(※2017年で夏季3ヶ月間の営業は終了しました)

抹茶や紅茶などの味がメイン。
ふわふわの氷と上等な北海道産小豆を使用。元が和菓子屋さんだけに素材の味が活かされており、非常に優しい風味。

さらに注目は、抹茶/紅茶/レモン/ミルクの4つのフレーバーが一気に楽しめるという『F氷』。
どっしりと氷の中に隠れた小豆がたまりません。

場所 名古屋市中村区名駅南1-17-2
google mapで見る
営業時間 夏季の限られた期間のみの短縮営業
営業日、営業時間はささやなぎの公式ブログを参照してください
氷の提供時期 夏季
(残念ながら、夏季3ヶ月間の営業は2017年をもって終了しました)
ホームページ かき氷 ささやなぎ(アメブロ)