【夏到来】名古屋のかき氷の人気店ならココ!ガチンコの16選!!

その他

2018/05/10

いよいよ夏到来!蒸し暑い季節には、やっぱりひんやり冷たいモノが食べたくなりますよね!!
そこで、名古屋市内で美味しいかき氷が食べられる人気店を16店舗厳選してみました!

老舗甘味処から一年中食べられる専門店まで、この記事を参考にしながら今年は氷巡りしてみてはいかがでしょうか??
早速チェックしてみましょう!!

1. 柴ふく

柴ふく

中区の地下鉄「東別院」駅を北に行った場所にある甘味処。
古民家を利用したレトロな雰囲気と、看板犬【くるみちゃん】の存在も相まって超人気店に。

15種類以上の氷メニューの中でも一番人気はきなこたっぷりの『黒柴金時ミルク』(890円)。
黒蜜・きな粉・小豆・ミルクが壁のようにがっつり固められたその姿は圧巻。もちろんお味も至福。

その他にも赤蜜を使った氷や西尾産の抹茶を使った氷など昔ながらの甘味処らしいメニューがラインナップ。
一度食べたら忘れられなくなる、並んででも食べたい氷です。

場所 名古屋市中区大井町1-45
google mapで見る
営業時間 12:00〜19:00
定休日:月曜日
氷の提供時期 一年中
ホームページ

2. あんどりゅ。

2014年に大須にオープンし、颯爽と女子達のハートをかっさらっていった、話題のかき氷専門店

やはりこのお店の魅力は独創的なメニューの数々。
人気メニューの1つ『てらみす』(700円)には、こぼれ落ちそうなトロットロのクリームチーズがオン。
釜めしの釜(?)のような器に入って提供されるのも特徴。

こちらも定番メニュー『しおきゃらめるおし』(700円)。
ほんのり甘いキャラメル味のシロップとクリーム、さらに塩がトッピングされしょっぱ美味しい夏にぴったりの一杯。
これ以外にも期間限定メニューを含むバラエティー豊かなフレーバーの数々で、まさに<進化したかき氷店>の名をほしいままにしている。

場所 名古屋市中区大須3-30-25 合点承知 B1F
google mapで見る
営業時間 11:00〜20:00
※秋冬のみ平日:13:00〜20:00 土日祝:11:00〜20:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)★営業時間、定休日は急遽変更となる場合があるため、下記の公式Twitterを都度参照してください。
氷の提供時期 一年中
ホームページ 通年かき氷専門店 あんどりゅ。のブログ
かき氷専門店あんどりゅ。(公式Twitter)

3. 緋毬

老舗『大須ういろ』がサカエチカにオープンさせた新スタイルの茶房カフェ。
洗練された内装の店内では、和洋折衷のさまざまな創作和甘味が提供されている。

一番人気はまさに和洋折衷を体現する『ティラミス氷』(夏季限定/870円)。
コーヒーシロップとココアパウダーがかけられた氷の中にはコーヒーゼリーが。さらにその上にマスカルポーネがトッピングされ、ふわとろな食感が味わえる。

さらに人気の『きなこミルク金時』(770円)のほか、抹茶や紅茶のフレーバーもあり。
氷を食べてキンキンに冷えたあとには、あったか〜いお茶を一杯いただきたいところ。

場所 名古屋市中区栄3-4-6 サカエチカ
google mapで見る
営業時間 10:00〜20:00
定休日:無休
氷の提供時期 一年中
ホームページ 緋毬

4. 古今茶家

※丸栄にて営業当時の外観

栄の丸栄百貨店6Fにある和風甘味処。意外な場所にあるので結構穴場。
→丸栄閉店後、2018年7月5日より栄町ビル地下1Fに移転。

注目は赤と白とピンクのコントラストがまばゆい『いちごミルク』(800円)。
ミルク氷に苺果肉入りのソース、そしてまとわりつくように重なるいちごアイス。なんというか、女子の夢感MAX
(「いちごミルク氷」は例年5月〜10月頃までの提供です)

こちらは白玉ぜんざいとアイスクリームまでセットになった欲張り屋さんにぴったりの『特製古今茶家氷』(870円)。
その他抹茶、きな粉、紅茶など定番系のフレーバーはどれも上質なものばかり。
かき氷は通年提供ですが、季節限定メニューもあるので注意です。

場所 名古屋市中区錦3-23-31 栄町ビルB1F
google mapで見る
営業時間 <月曜日〜水曜日、土曜日>
11:00〜18:00(L.O.17:30)
<木曜日、金曜日>
11:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日:日曜日
氷の提供時期 一年中
ホームページ 古今茶家|三喜屋珈琲株式会社

5. WARA家

千種区・池下の駅ビルを北東に行った隠れ名店の多い地区にある、小さな甘味カフェ。
隣にあるたばこ屋とあいまって、昭和モダン。

人気メニューの『ココアミルク』(600円)。
天然水を使ったかき氷はまさしく雪のような口どけ。やさしいビターなカカオの甘みとミルクの甘みの調和が楽しめます。和風な御膳スタイルでの提供も魅力的。

定番の抹茶やきなこ、シンプルないちごのなどの味も提供。まったりした時間が流れる甘味処感を思う存分楽しめそう。

場所 名古屋市千種区池下町2-52
google mapで見る
営業時間 水〜金:11:00〜17:00(L.O.16:30)
土日祝:11:00〜17:30(L.O.17:00)
定休日:月曜日/火曜日(祝日は営業、振替休業あり)
氷の提供時期 一年中
ホームページ 甘味カフェ WARA家|facebook

6. カフェ サブヒロ

名東区・一社の南側にある、美と健康を考えたコーヒー&スイーツカフェ。ネルドリップコーヒーや自家製ケーキなども楽しめるお店です。

こちらの氷は時間をかけて作られた、透明できめ細やかな純氷を使用。
人気の『苺みるく氷』はたっぷりのミルクと苺シロップが染み込んだ甘党にはたまらない一品。
正面から見るとなんだか顔みたいに見えませんか?個性的かつフォトジェニックな氷が多いのもこのお店のポイント。

さらに、1日に5食限定だという超レアな『アボカドミルク氷』も注目。
熟成アボカドと練乳ベースのシロップに果肉もたっぷりトッピング。
お値段一杯1,500円と破格ですが、贅沢感は満点!!

場所 名古屋市名東区一社2-55
google mapで見る
営業時間 平日:9:00〜18:00
土日祝:7:30〜18:00
定休日:火曜日
氷の提供時期 一年中
ホームページ カフェ サブヒロ

7. 甘味処 相生

東区・泉三丁目の外堀通沿いにある、創業昭和29年という老舗甘味処。18席の小さなお店ですが、名古屋ではかき氷店の超定番で、人気はAランク。

昔ながらの超定番『宇治金時』(780円)『宇治ミルク金時』(830円)などがこのお店の売り。
十勝産あずきや千葉産/新潟産を独自にブレンドした白玉など、素材の味が楽しめるシンプルさが人気。
あずきは氷の下の方に隠れており、柔らかな氷をひとしきり食べた後の「締め」の感覚で食べられるのが粋な計らい。

「いちごミルククリーム」は独特の甘みに懐かしさが感じられる一品。「レモンミルククリーム」も人気です。
材料がなくなり次第営業終了となるので注意です。

場所 名古屋市東区泉3-1-6
google mapで見る
営業時間 店主の療養のため縮小営業中です
営業日、営業時間は甘味処相生の公式ホームページを参照してください
氷の提供時期
ホームページ 甘味処 相生

8. ささやなぎ

名古屋駅から広小路通沿いを東へ向かったところにある名店。ちょうど「笹島」と「柳橋」の中間にあるから「ささやなぎ」なんですね。
夏のほんの限られた営業日限定でかき氷を提供(※2017年までで夏季3ヶ月間の営業は終了)

抹茶や紅茶などの味がメイン。ふわふわの氷と上等な北海道産小豆を使用。元が和菓子屋さんだけに素材の味が活かされており、非常に優しい風味。

さらに注目は、抹茶/紅茶/レモン/ミルクの4つのフレーバーが一気に楽しめるという『F氷』。
どっしりと氷の中に隠れた小豆がたまらない。

場所 名古屋市中村区名駅南1-17-2
google mapで見る
営業時間 夏季の限られた期間のみの短縮営業
営業日、営業時間はささやなぎの公式ブログを参照してください
氷の提供時期 夏季
(残念ながら、夏季3ヶ月間の営業は2017年をもって終了しました)
ホームページ かき氷 ささやなぎ(アメブロ)

9. 雀おどり総本店

1856年創業の超老舗和菓子店。大津通沿いの松坂屋向かい、『GAP』と『Bershka』の間の一等地に店舗を構える。

人気のメニューは『宇治金時ミルククリームわらび氷』(900円)。
西尾産抹茶から作った抹茶蜜、自家製のあんことアイスクリーム、練乳などこだわりの詰まった一杯。
下の方にわらび餅が見え隠れしていて、なんとも涼しげな雰囲気を醸し出している。

suzumeodori11

また、沖縄産黒砂糖を100%使った自家製黒蜜がかかった『大島金時ミルククリームわらび氷』(900円)も人気。他ではなかなか口に出来ない味だけにぜひ味わいたい。

場所 名古屋市中区栄3丁目27-15
google mapで見る
営業時間 10:30〜19:00
定休日:無休
氷の提供時期 一年中
ホームページ 雀おどり総本店

10. 今井総本家

大須の万松寺通入口付近にある、明治39年創業・伝統の天津甘栗の販売店。このお店の店頭実演販売を見ると「ああ、大須に来たな」と思う人も多いはず。

imai11

ここで食べられるのが世にも珍しい天津甘栗を使ったかき氷『栗ミルク』(500円)。
時間をかけてじっくりと凍らせた純氷を使用。栗をふんだんに使った特製ミルクがかけられた一品。

さらに氷の中にソフトクリームがインするトッピングも可能!
プラス100円のバニラソフト、プラス150円で栗ソフトから選べ、外からも中からも香ばしい味わいを楽しめます。
夏季のみの提供となるので注意です。

場所 名古屋市中区大須3-30-47
google mapで見る
営業時間 9:00〜19:00
定休日:無休
氷の提供時期 夏季のみ(詳細は店舗にお問い合わせ下さい)
ホームページ 今井総本家

11. 赤福茶屋

伊勢名物「赤福」が展開する、赤福とさまざまな甘味を提供する甘味処。
名古屋には名駅のジェイアール名古屋タカシマヤ地下と、松坂屋名古屋店地下にあります。

提供されるのはきめ細やかな氷に抹茶蜜がかけられた『赤福氷』(520円)。
シンプルなかき氷なのかな?と思いきや。。。

akafuku11

氷の中にあんことお餅が隠れています。赤福で使われているものと全く同じものではなく、冷たい氷に合うよう特製で作られているとか。
夏季限定での提供となります。

場所 名古屋市中村区名駅1-1-4 ジェイアール名古屋タカシマヤB1F
google mapで見る
営業時間 10:00〜20:00
定休日:百貨店定休日に準ずる
氷の提供時期 夏季のみ(例年4月〜9月頃まで)
ホームページ 赤福茶屋 ジェイアール名古屋タカシマヤ店

12. フルーツのにしわき

西区・浅間町の小さな青果店。一見普通の果物屋さんに見えますが、店内に小さなカウンターがあり、かき氷が食べられます。

こちらのお店は独特の、どろっとした質感のソースが売り。果実感が強く口の中に残り氷との相性も良いです。
上の写真は「ラズベリー」。もうほぼ凍った果実をまるごと食べているも同然です!

こちらは柑橘好きにはたまらない清涼感あふれる『デコポン』。
その他にもマンゴーやメロンや苺などの定番のほか、時期によっては芋やドラゴンフルーツなどの変わり種も登場。いろいろと試しがいがありそうです。

場所 名古屋市西区浅間1-2-7
google mapで見る
営業時間 10:00〜20:00
氷の提供時期 夏季
ホームページ

13. 吾妻茶寮

大須・裏門前町通沿いにある、老舗和菓子店がプロデュースするモダンな和カフェ。
オープン以降女性を中心に絶大な支持を集め続け、テレビ/雑誌などのメディア露出もひっきりなしです。

吾妻茶寮で一番人気のかき氷といえばこちらの『極みるく』(1,100円)。
泡のように仕立てられたミルクエスプーマでごっそりと覆われた氷に、フレッシュなフルーツがこれでもかとトッピング。甘いもの好きとフルーツ好き両方が満足する一杯。

こちらは毎日数量限定のメニュー『大人の宇治抹茶ティラミス』(1,280円)。
マスカルポーネソースとエスプーマ、さらに宇治抹茶ブリュレという三重奏のとろとろ感に、わらび餅のぷるぷる感も味わえる贅沢な一杯。フォトジェニックで見た目で楽しめるのもこのお店の氷の大きなポイントです。

場所 名古屋市中区大須3-22-33 トヒチビル1F
Google Mapで見る
営業時間 【夏季】
平日:11:00〜19:00(L.O.18:30)
土日祝:11:00〜19:30(L.O.19:00)
【冬季】
平日:11:00〜18:30(L.O.18:00)
土日祝:11:00〜19:00(L.O.18:30)定休日:火曜日
氷の提供時期 通年
ホームページ 吾妻茶寮

14. 金山とまと

「西大須」交差点近くの「大須マルシェ」内にあるドライフルーツとナッツの専門店
非常に小さなお店ですが店内で一年中かき氷を楽しむことができます。

ナッツの専門店らしくミックスナッツがたっぷりトッピングされた『専門店のミックスナッツキャラメル』(850円)。
ふわふわとした氷とキャラメルソース、そしてザクザク食感のナッツのハーモニーが楽しめます。

こちらはエスプーマを使用したデザート感覚のかき氷『いちごのショートケーキみたいなかき氷』(950円)。
その他にも季節ごとの旬な果実やドライフルーツをふんだんに使用したオリジナルソースのかき氷を提供、お店に行く度に新たな楽しみに出会えるでしょう。

場所 名古屋市中区大須2-27-34 大須マルシェ7番
google mapで見る
営業時間 12:00〜18:00(ソースがなくなり次第終了)
定休日:水曜日(他臨時休業あり)
氷の提供時期 一年中
ホームページ 金山とまと
金山とまと(Twitter)

15. Cafe&Bar drawing

名古屋大学の西、坂道の多い住宅街の中に佇むカフェ。
定食やカレーなどのごはんものメニューのほか、通年で提供されているかき氷が名物のお店です。

ティラミス』(800円)はこんもりとしたふわふわ氷にミルク、マスカルポーネクリームとココアパウダーをトッピング。
中にもクリームが入っており最後まで飽きのこない一杯。

こちらは見た目にも鮮やかな『ブルーベリークリームチーズ』(850円)。
季節ごとに変わるフルーツを使用したソースとミルク/クリームチーズとの組み合わせが定番。かき氷メニューは固定ではないので都度公式Twitterなどを確認するとよいでしょう。

場所 名古屋市昭和区宮東町34 プレスイン南本山1F
google mapで見る
営業時間 12:00〜17:00(L.O.16:30)/18:00〜22:00(L.O.21:30)
定休日:月曜日/火曜日
氷の提供時期 一年中
ホームページ Cafe&Bar drawing
Cafe&Bar drawing(Twitter)

16. A.cocotto

千種区・今池北の住宅街の中に店舗を置く通年営業のかき氷専門店。
かき氷フリークの間で特に人気の高いお店で寒い季節でも待ちが出来るほどの人気ぶり。
営業日は基本的に毎週金・土・日・月の4日間のみです。

こちらは『ほうじ茶ミルク』。
このお店のかき氷はシンプルですがなんといってもふわふわで口溶けのよい氷と自家製ミルクの親和性の高さがポイント。

他にも季節に合わせてさまざまな素材を使用したオリジナルシロップのかき氷を提供。
メニューは基本的に週替わりなので毎週何が出てくるのかな〜と楽しみになってしまうほど。Instagramでメニューが告知されているので行く前に要チェックです。

場所 名古屋市千種区神田町28-23 青山マンション1F
google mapで見る
営業時間 13:00〜19:00(※金土日月のみ営業)
定休日:火曜日〜木曜日
氷の提供時期 一年中
ホームページ A.cocotto(Instagram)